中東在住、新米エコノミストのスワップ派FX
中東在住、某国際機関の新米エコノミストが、スワップ目的で、労力の少ないFX運用を目指します。トレードの状況や、経済統計や指標の解釈、そして通貨の相関分析などに関して書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スワップ用ポジション公開(9月6日)
2008年09月06日 (土) 19:49 | 編集
こんばんは。
今週は円高の嵐が吹き荒れる週になってしまいましたね。
先週までは結構余裕で見ていたのですが、今週はトルコ・ランド・メキシコと高金利通貨群が強烈な下げに見舞われ、私のポートフォリオもかなりダメージをうけてしまいました。ただ、昨夜の雇用統計の発表以後、材料出尽くしという判断なのかはわかりませんが、反発の兆しを見せております。まだこれで完全に上げに入るとは思えませんので(3月17日はそこから上げたので、無きにしも非ずですが)、再度の下値を警戒しながら、そろそろポジションの追加を考えていこうと思っています。

さて、公開している本日時点でのHirose Traderのスワップ口座です。
Position_HT20080906.gif


先週末から10万以上も含み益が減ってしまいました(涙)。さらに、雇用統計の前にランド円をまだ含み益のある13.35円で5万通貨(前記事に7万と書いたのは他の口座の分も合わせてです)仕切ったので、ポジションも減らしてしまいました。残念ですが、ランド円が13.20付近の抵抗を抜けてしまうとどこまで落ちるかわからなくなるので、最悪のケースだけは避けようとの防御策でした。結果、13.50ぐらいまで反発して週を終えているので、ほっておけばよかったということになるのですが、そのリスクはとりたくなかったので、まぁよしとします。

一番大きな問題はCHF/SGDがこの下げでヘッジの機能を果たしきれなかったことですね。月曜の段階ではきれいにヘッジの動きをしてくれたのですが、ユーロの下げと共にスイスも下げました。ここから欧州通貨が徐々に反撃してくれたらと思うのですが、結果的にそれではヘッジ係にはなりません。今後のポートフォリオ改善に向けて課題を残す1週間でした。



ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ

『中東在住、新米エコノミストのFX』トップページへ

スポンサーサイト
下落に備える・・・リスクヘッジのススメ
2008年07月13日 (日) 17:18 | 編集
先週末はユーロドルが1.593と、1.600の大台に向けてかなり動きました。
ユーロドルが上がればドルは下がり、ドル円も下がります。ドル円が下がればクロス円も連れ安になります。

ですので、ユーロドルの今後の展開によっては、クロス円の暴落という事態があるかもしれません。

ユーロドルが1.6を突破することはないだろうと高をくくってしまうのも、突破してから考えるのも策ですが、私のようなビビりの投資家は今のうちに、下落に備えるべきだと考えています。

ではどうやって下落に備えるか?

クロス円が下落して問題なのは差損がでることです。
ですので、対策としては、
(1) 利益があるうちに決済して利益確定
(2) ストップを入れておいて、刺さらないことを願いながら相場を見る
(3) ショートして積極的に下げ相場で利益を狙う
(4) 逆相関のペアを購入してヘッジしておく


の4つがあるかと思います。(他の対策を取られている方もいらっしゃるかもしれませんが)

(1)や(2)は単純明快な対処法ですね。ただ、決済してしまうとスワップ派として、長期にポジションを持ちたい場合や、今持っているポジションがすごくよくて、決済したくない場合には躊躇してしまいます。

(3)の対処法は、デイトレーダーにはよさそうですが、スワップ派の人にとっては、マイナススワップが問題ですね。

ですので、私は(4)の逆相関ペアを持つことにしています。逆相関ペアとは、クロス円が上がれば下がり、下がれば上がるという、とりあえず逆の動きをするものです。私はスイスフランをポートフォリオに組み入れて、普段から下げに備えるようにしています。なぜか?スイスは他の高金利のクロス円とほぼ逆の動きをします。トルコやランドが売られるとき、買われているのは円かスイスです。(関連記事→【保存版】 2008年上半期・クロス円(13通貨)の相関と変動率

私はスイスフランをシンガポールドルに対して持っています(CHF/SGD)。スイス・ドルのポジションはドルの下落に対するヘッジとしては最適ですが、若干マイナススワップなので、スワップはとして長期のポートフォリオに組み入れるのはちょっと・・・といった感じです。

スイス・シンガポールは10000通貨あたりのスワップが35円(7月9日)と、これを持っておけば、スワップももらえるし、下げ相場でも他の通貨の損失を相殺してくれます。

ちなみに、チャートで見てるとドルスイスよりも前回高値までの上昇余地が大きいですね。

スイスドル日足
CHFUSD20080713.gif


スイスシンガポール日足
CHFSGD20080713.gif


今のところ、私のポートフォリオの中では、トルコリラやランドの動きと反対に動いてくれ、しっかりと差益差損を安定させてくれる働きをしています。(関連記事→スワップ用ポジション公開(7月12日)
スイスドルはいろいろなFX業者さんで扱っていると思いますが、スイスシンガポールはSaxo系だけでしょうか?以下のSaxo系で口座を開いておいて万が一に備えておけばいいかもしれません。
アストマックスFX
121証券
Hirose Trader

さて、今週の相場はどうなることでしょうか。
ダウ11000割れ、ユーロドルが1.600超えが現実になれば、本格的な下落相場が始まるかもしれません。ないことを望みますが、頭の隅に入れておくのとおかないのでは、いざという時に大きな違いがあると思います。


ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ



豪州の雇用は堅調。でもクロス円は重そう。
2008年07月10日 (木) 22:16 | 編集
今日は豪州の雇用統計が発表されました。

失業率は予想よりも低い、4.2%
就業者数も先月の25000人減少から一転、29800人の増加となり、豪州経済の堅調な側面が出ましたね。

以前にも何度も書いている通り、豪州の指標は今後も良い数値、悪い数値が出て経済の方向性がわかりにくい状態がしばらく続きそうです。

先日、豪州は利下げはなさそうだと書きましたが、ブルームバーグの報道によると、1年以内に0.25%の利上げがある確率が25%という予想が出てき始めたようです。いちいち指標が出るたびにあれこれ計算ご苦労様です・・・といった感じですねw

これを受けて豪ドルは103円をつけました。
悪ければ100円台で買い増しができるかな?と思っていたのでちょっと残念でした。


しかし、クロス円は少し頭が重そうな気配になってきました。
ランド円も今日また14円をトライしましたが、今のところ跳ね返されていますね。

このあたりがそろそろ限界かなぁ?という気がしないでもないので、CHF/SGDを1.3200で5000追加しました。1.2900で待っていましたが、たぶんこなさそうなので、とりあえ1.3100、1.3000のそれぞれで5000ずつ買い増し予定でこの逆相関のペアを増やしていこうと思います。
CHFSGD20080710.gif


ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ
外為ランキング


Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。