中東在住、新米エコノミストのスワップ派FX
中東在住、某国際機関の新米エコノミストが、スワップ目的で、労力の少ないFX運用を目指します。トレードの状況や、経済統計や指標の解釈、そして通貨の相関分析などに関して書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スワップ用ポジション公開(9月6日)
2008年09月06日 (土) 19:49 | 編集
こんばんは。
今週は円高の嵐が吹き荒れる週になってしまいましたね。
先週までは結構余裕で見ていたのですが、今週はトルコ・ランド・メキシコと高金利通貨群が強烈な下げに見舞われ、私のポートフォリオもかなりダメージをうけてしまいました。ただ、昨夜の雇用統計の発表以後、材料出尽くしという判断なのかはわかりませんが、反発の兆しを見せております。まだこれで完全に上げに入るとは思えませんので(3月17日はそこから上げたので、無きにしも非ずですが)、再度の下値を警戒しながら、そろそろポジションの追加を考えていこうと思っています。

さて、公開している本日時点でのHirose Traderのスワップ口座です。
Position_HT20080906.gif


先週末から10万以上も含み益が減ってしまいました(涙)。さらに、雇用統計の前にランド円をまだ含み益のある13.35円で5万通貨(前記事に7万と書いたのは他の口座の分も合わせてです)仕切ったので、ポジションも減らしてしまいました。残念ですが、ランド円が13.20付近の抵抗を抜けてしまうとどこまで落ちるかわからなくなるので、最悪のケースだけは避けようとの防御策でした。結果、13.50ぐらいまで反発して週を終えているので、ほっておけばよかったということになるのですが、そのリスクはとりたくなかったので、まぁよしとします。

一番大きな問題はCHF/SGDがこの下げでヘッジの機能を果たしきれなかったことですね。月曜の段階ではきれいにヘッジの動きをしてくれたのですが、ユーロの下げと共にスイスも下げました。ここから欧州通貨が徐々に反撃してくれたらと思うのですが、結果的にそれではヘッジ係にはなりません。今後のポートフォリオ改善に向けて課題を残す1週間でした。



ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ

『中東在住、新米エコノミストのFX』トップページへ

スポンサーサイト
トルコ・インフレ加速 (7月分CPI発表)
2008年08月05日 (火) 21:58 | 編集
こんばんは。
今日はクロス円が下げてますね。昼間の記事で豪ドルは100円は堅いか?と書いたのに、その1時間後には99円になってました(苦笑)。いっきに売り崩されましたね。

今日はしばらく堅調だったランドも反落となり、前日比マイナス2.5%とかなり暴れております。

そんな中、トルコが高金利通貨の中では比較的堅調でまた93円台を守っています。
これはきっと、強いインフレ率が出た結果でしょう。


今日発表かと思っていたら昨日の段階で実はCPIが発表になっていました。CPIはトルコの中央銀行じゃなくて、統計局が発表するんですね。・・・ってことで統計局のサイトも右列のリンクに付け加えておきました。

CPI(消費者物価指数)の結果は前年比12.1%の上昇。これは先月の10.6%の上昇から大きく上がっています。

せっかく先日、6月度はインフレが下がり、利上げの効果が出始めたか?と記事にしたのに、全く無視されてしまいました(笑)(参考記事:7/28)・・・それなら、明らかに誤差の範囲内の数値を、金利政策会合の議事録にわざわざインフレ率が下がったので・・・って書くなよ!!って言いたいです。かなり惑わされてしまいました。

とにかく、インフレ率がさらに上昇しているので、ともに利上げ期待が上昇しています。8月15日の金利政策会合では0.50%の利上げを織り込んできている形でしょうか。

ちなみに、特に気になったのは住宅価格が21.8%と前年比で非常に高い上昇率を誇っていることでしょうか。これは、金利16.75%の国でお金を借りて家を建てれるだけの内需の強さということです。ホンマかいな?と言いたくなりますね。

また、生産者物価指数は前年比18.4%とこちらもかなり強く出ています。トルコはインフレ退治には積極的な姿勢を示しているので、0.50%以上、0.75%の利上げなどもひょっとしたら出してくるかもしれません。まぁ、原油価格が今月に入り落ち着いているので、それを織り込んで0.50%ですかね。(こなへんは適当な予想ですので聞き流してくださいね)


中央銀行から分析レポートが出るはずなんですが、出たらまたそれを見てみますね。

余談ですが、この利上げ観測の台頭と豪の利下げ観測の台頭から、AUD/TRYの売りをポジるかー!と息巻いてチャートを見たらもうすっかりトルコ高の水準になっていました。今から入っても十分そうですけど、いつもビビりなもんで入れません。(笑)前回NZの金利発表前にもNZD/TRYを売り損ねたので、今回は目をつぶってクリックしてしまおうかなー・・・


ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ

『中東在住、新米エコノミストのFX』トップページへ

スワップ用ポジション公開(7月26日)
2008年07月26日 (土) 18:17 | 編集
こんばんは。
今週は全体的に堅調な相場でしたね。
原油価格の下落、NY株の上昇と全体的な市場のセンチメントが改善したことが為替相場にも影響をもたらしていました。(参考記事:原油価格

ただ個別の材料として、NZの利下げなど、売られた通貨もありました。

高金利通貨ではランド円が14円を大きく突破して週を終え、中期的には堅調な相場が期待できそうです。(参考:ランドの記事

来週も全体的には堅調な相場展開になりそうですが、ドル円が108円近くまで来ており、6月中旬の108円台半ばの前回高値を抜けるかどうかがポイントになるでしょうか。押し戻されれば、105-108円ぐらいのレンジに入るかと思っています。EUR/USDも8時間足では1.56台で反発してきており、欧州通貨が再度上げてくるのかも注目ですね。

さて、公開している本日時点でのHirose Traderのスワップ口座です。
Position_HT20080726.gif

先週の急激な下げの時に、CHF/SGD(スイスシンガポール)がレンジの上を抜けると判断し、上限の1.3400で10000買い増ししましたが、相場が戻したため、その分が現時点ではマイナスとなっています。先週より含み益は減っていますが、先週末に比べて13,000円ほど含み益は減っていますが、今週は欧州通貨が調整気味だったので、こんな感じかなぁと思っています。(参考:先週のポジション

1週間を通して、含み益の変動が2万円程度だったので(13万から15万)、ポートフォリオが安定してきたと思っています。今週の動きはかなりランドの上下によるものでしたので、ランドの動きをヘッジできるものをと考えていますが、なかなかランドの動きをヘッジするのは難しいですね。今後考えていきたいと思います。

堅調相場に慣れてくると、強きでポジションを増やしてしまいがちですが、相場が崩れる時は一瞬です。スイングで差益を抜いていくことを目的としないスワップ運用では、相場が上に行こうと、下に行こうと安定しているポートフォリオを持つことが一番かと考えています。


ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ

トップページへ

【保存版】 2008年上半期・クロス円(13通貨)の相関と変動率
2008年07月06日 (日) 19:32 | 編集
こんばんは!
また明日から相場が始まりますね。
スワップ派としては、先週みたいな危なっかしいのではなくて、落ち着いた週になってほしいですね。

さて、私がなんどか紹介している通貨の相関や変動率に関してですが、2008年の上半期(6月30日まで)について計算したので、紹介します。

昨日のランドの分析にもあるように、短い期間で市場のセンチメントによって相関関係が変わってしまう通貨もあり、「今」の流れをとらえるには最新の相関関係を抑えておくと便利だと思います。2008年はこういう流れで後半戦に突入・・・ということで是非使っていただければと思います。

まずは、クロス円相関マトリックスです。すべてクロス円買いのポジションです。
(サムネイルをクリックして大きくしてくださいね)
CorrelMatrix_2008FirstHalf.gif

一見ややこしそうですが、簡単です。
縦軸の通貨と横軸の通貨の交わるところに入っている数値がその二つの通貨の相関係数です。

たとえば、縦軸の上から4番目の米ドルと横軸の左から2番目のユーロの相関は0.36・・・といった具合です。

逆相関の通貨は赤字で、相関が高い通貨(0.80以上)はグリーンでセルを色づけしてあります。

クロス円の主要なすべての通貨の関係が入っているので、便利かと思います。



これじゃぁトレンドがわかりにくいという方は以下も参考にしてください。
次はそれぞれのクロス円通貨はドルに連動して動くのか(ドル派閥)、それともユーロに連動して動くのか(ユーロ派閥)・・・ちょっと気になりますよね。
このグラフを見れば一目瞭然です。

GroupingByCorrelation.gif


右軸はドルに対する相関係数(一番右が1.00なので右にいくほどドルに連動する)。
縦軸はユーロに対する相関係数(一番上が1.00なので上にいくほどユーロに連動する)。
ななめに伸びている緑の線はユーロにもドルにも同じだけ連動しているという基準の線ですので、緑の線より右下にあれば、どちらかというとドルに連動し、左上にあればどちらかというとユーロに連動します。

ユーロ派閥に入る資格は、ユーロに連動するが、ドルにはあまり連動しないもの。
ユーロ、スイス、ノルウェー、豪ドルが入りました。

ドル派閥に入る資格は、ドルに連動するが、ユーロにはあまり連動しないもの。
が入りました。
ドル、ポンド、カナダ、NZ、トルコ、ランド、が入りました。

中立は両方に同じように連動するもの(どちらに連動するかは断定しにくいもの)
シンガポールドルと、意外なことにメキシコもここです。

そして最後、独立アンチユーロとしましたが、アイスランドだけは、ドル派と言うにはドルへの相関は弱く、ユーロとは逆に動くので独立アンチユーロ派です。(笑)


長くなりましたが、最後に変動率(HV)を・・・
HV2008FirstHalf.gif


各派閥ごとにまとめてあります。
やはり高金利通貨は変動率が大きいですね。
高金利通貨にはうまく逆相関のものを組み合わせたポートフォリオが必要だということがわかります。



以上、2008年上半期のクロス円の相関関係と変動率(HV)でした。

もし御要望がありましたら、クロス円以外の通貨でも相関係数とHVの計算はできますので、よかったら気軽に気になる通貨をリクエストしてくださいね。また、私の勝手な分析でよければひとつの通貨にしぼった分析や、一歩進んだポートフォリオのリスク分析もすぐできるので、気軽にコメントに残してくださいね♪


では、2008年後半もがんばりましょう♪


ちょっとは役に立ったと思っていただいた方、ぜひ応援してくださいね~♪(笑)
にほんブログ村 為替ブログへ


最後になりますが、HVや相関係数の計算には為替バカ氏のローリスクで年20%の複利運用! 初心者でもできるFXスワップ運用を使わせていただいております。


ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ
外為ランキング


スワップ用ポジション公開(7月5日)
2008年07月05日 (土) 19:46 | 編集
こんばんは。
今週は金曜がアメリカの独立記念日で動意薄だったのでなんとなく早い1週間でしたが、いろいろ凝縮された週だったと思います。

先週末から始まったドルの調整、そして、クロス円の調整が、週半ばにかなり大きく入りましたが、連日長い下ひげをつけ(トルコや豪ドル)、目先調整の完了を印象付けるような形で1週間を終えました。

私自身は、月曜のトルコのGDP成長上方修正を理由に、トルコ円を3000通貨ほど買い増ししました。ファンダメンタルは好調ですが、市場のセンチメントにより下がっていたので、絶好の買い増し機会だったのでは・・・と思っています。(まだわかりませんが)

また、ECBの今後の利上げ観測の減退からランドが上がり(昨日の記事参照)、公開しているHirose Traderのポジションも含み益が増えました。
position20080705.jpg


7月2日の下げていた時点でもポジションはプラスだったのは、きっとスワップのおかげでしょうね。週半ばで大きく下げていた時は、ちょっとやばいかなーと思いましたが、無事乗り切ってよかったです。

USD/MXNは今週半ばに買えばちょうどよかったですね。ちょっと含み損で最初の週を終えました。

さてさて、昨日、予告したランドとユーロの関係ですが、今はまだ仕事のお昼休み中ですので(アラブの国は木、金が週末です)、もうちょっとして書きますね。。。。



ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ
外為ランキング


Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。