中東在住、新米エコノミストのスワップ派FX
中東在住、某国際機関の新米エコノミストが、スワップ目的で、労力の少ないFX運用を目指します。トレードの状況や、経済統計や指標の解釈、そして通貨の相関分析などに関して書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スワップ用ポジション公開(9月6日)
2008年09月06日 (土) 19:49 | 編集
こんばんは。
今週は円高の嵐が吹き荒れる週になってしまいましたね。
先週までは結構余裕で見ていたのですが、今週はトルコ・ランド・メキシコと高金利通貨群が強烈な下げに見舞われ、私のポートフォリオもかなりダメージをうけてしまいました。ただ、昨夜の雇用統計の発表以後、材料出尽くしという判断なのかはわかりませんが、反発の兆しを見せております。まだこれで完全に上げに入るとは思えませんので(3月17日はそこから上げたので、無きにしも非ずですが)、再度の下値を警戒しながら、そろそろポジションの追加を考えていこうと思っています。

さて、公開している本日時点でのHirose Traderのスワップ口座です。
Position_HT20080906.gif


先週末から10万以上も含み益が減ってしまいました(涙)。さらに、雇用統計の前にランド円をまだ含み益のある13.35円で5万通貨(前記事に7万と書いたのは他の口座の分も合わせてです)仕切ったので、ポジションも減らしてしまいました。残念ですが、ランド円が13.20付近の抵抗を抜けてしまうとどこまで落ちるかわからなくなるので、最悪のケースだけは避けようとの防御策でした。結果、13.50ぐらいまで反発して週を終えているので、ほっておけばよかったということになるのですが、そのリスクはとりたくなかったので、まぁよしとします。

一番大きな問題はCHF/SGDがこの下げでヘッジの機能を果たしきれなかったことですね。月曜の段階ではきれいにヘッジの動きをしてくれたのですが、ユーロの下げと共にスイスも下げました。ここから欧州通貨が徐々に反撃してくれたらと思うのですが、結果的にそれではヘッジ係にはなりません。今後のポートフォリオ改善に向けて課題を残す1週間でした。



ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ

『中東在住、新米エコノミストのFX』トップページへ

スポンサーサイト
メキシコペソはハト派声明を受けて軟化
2008年08月29日 (金) 21:45 | 編集
こんばんは。
昨日の米GDPの改定値は予想よりも高い数値が出て、市場全体に安心感が広がったようですね。でも、その割にはドルが下げていたりして、つい最近までのドル買い一直線の動きは収まってきたようです。ドルは円に対して下げていますね。

同じアメリカ大陸のメキシコの通貨ペソはそのドルよりもさらに下げているようです。久し振りに大きく動いたかと思ったらペソ安の方向でした。

以下はUSDMXNの日足チャートですが、一気にペソ安になりましたね。
USDMXN20080829.gif

一応トレンドラインのサポートと一目均衡表の雲上限で跳ね返っているので、まだトレンドが転換するところまではいってなさそうですが。

理由は、中央銀行の総裁がメキシコのインフレ克服を宣言したからのようです。インフレターゲット3%に対し、5.3%のインフレ率でまだ高い水準にはありますが、今後のインフレが落ち着くという発表から、今後のハト派的な金融政策に転換するという雰囲気がペソ売りにつながったようです。

ただ、利上げの打ち止め観測は先日の金利政策発表の際にもわかっていたので、これ以上大きな反応はないかと思っています。

USDMXNは1995年には5.8までペソ高だったのが2007年の11台とかなりペソ安が進んでおり、現在10.2程度ですので、歴史的にはかなりドル高水準と考えて、ドル高が進めばもう少しペソを買っていこうかなーと思っています。


ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ

『中東在住、新米エコノミストのFX』トップページへ

メキシコは0.25%利上げで8.25%も打ち止め観測
2008年08月17日 (日) 16:03 | 編集
こんにちは。
先週あった高金利通貨群の金利政策発表の中でまだ記事にしていなかったメキシコを取り上げたいと思います。

メキシコは予想通り0.25%利上げで8.25%になりました。
しかし、その直後にメキシコペソは米ドルに対して反落したようですね。これは今後さらに利上げする必要がないというコンセンサスが中銀、市場を含め広がったからといえそうです。
ちなみに発表された声明はスペイン語で書かれているので、私は読めませんw

7月時点でのインフレ率が5.4%
インフレターゲットが2010年までに3%
現在の金利が8.25%

で、過去3カ月連続で利上げをしているわけですから、これ以上望めない&望む必要がないという感じですね。インフレも原油価格の安定が・・・というのは世界各国共通の安心材料でありますし。。。

現段階で隣国アメリカとの金利差は6.25%に拡大しております。今後アメリカが半年ぐらいたって利上げと騒がれるころまではメキシコに資金が流れ込む環境は整っています。

以下のチャートはUSD/MXNの月足チャートです。
USDMXNmonthly_20080817.gif


2002年に上抜けてから落ちることがなかった10.000のラインを先月から下に抜けてきており、また2005年末の水準を下に抜けたことにより、月足での大きな流れではダブルトップの形が見て取れます。

ですので、私の勝手な予想(&希望)ではそのうちUSD/MXNは9.00から10.00の間への水準訂正があるのでは・・・と思っております。もちろん短期的には全然わかりませんが、キャリートレード復活でそうなるか、ドル売りでそうなるか、どちらにせよこのペアならではの値動きがあるかと思っています。

今の水準である10.200でUSD/MXNを1万通貨売れば1年でスワップが6万円ほど。値洗い後のレートで10.800まで下げると6万円のマイナスですのでチャラになります。それだけしかスワップがつかないととるか、それだけつくと考えるかは個人の考え方ですが、私は変動の小さいこのペアだからこそ結構ゆったりと見てられるかなーと思っています。



ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ

『中東在住、新米エコノミストのFX』トップページへ

メキシコペソは今後も強い・・・その理由は?
2008年07月29日 (火) 22:38 | 編集
こんばんは。
高金利通貨上げてますねー。
まったくもって、こんなに上げるとは思ってなかったので、すごく置いて行かれた気分ですwランドは13.90で指していたら刺さらずに、もうすでに14.50ですか・・

買い増しをあせらず待つのはスワップ派の仕事だと思うので、がんばって待ちますw


さてさて、今日は久し振りにメキシコの話題を・・・。

先週メキシコペソが米ドルに対して、3%ほど上昇したのですが、何があったかご存知ですか?

実は私も全然知らなかったのですが、実は、メキシコの中銀は外貨準備高に余剰分が発生していて、それを市場売却してたみたいです。で、3200万米ドルずつ毎日売却してたみたいですが、それを先週、8月から10月の間1日4000万に引き上げるという措置を発表し、急に動いたようです。(もちろん利上げの要因もあったでしょうけどね)

余剰の外貨準備高(米ドル)を市場売却すると、当然米ドルが売られているので、メキシコペソが強くなるわけですよね。

ちなみに、その措置は金曜に急停止が発表されました。
1ドル=10メキシコペソというペソ高がメキシコにとって、輸出に不利に動く水準だからと推測されます。(日本なら円高になれば輸出産業がダメージを受けるのと同じです)

そのオペは急停止されましたが、余剰外貨準備の80億ドルが中央銀行から政府に買い取られる形で処理されました。

市場にこの資金は流れませんでしたが、この資金は債務返済に充てたりして、メキシコの財政健全化には役に立つと考えられます

Bloombergでは1ドル=10ペソの水準が今後3-6か月にわたり続くのではと予想しています。

私もそう思います。だとすると、今ポジションをとれば、スワップはとしてはぴったりということですね。ペソが大崩れするリスクとして、あるとすれば、急激な信用収縮によるホットマネーの流出でしょうか。

メキシコ8%、アメリカ2%。お隣さん同士のこの金利差は非常に魅力的な投資対象になっているようです。



ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ

『中東在住、新米エコノミストのFX』トップページへ

【保存版】 2008年上半期・クロス円(13通貨)の相関と変動率
2008年07月06日 (日) 19:32 | 編集
こんばんは!
また明日から相場が始まりますね。
スワップ派としては、先週みたいな危なっかしいのではなくて、落ち着いた週になってほしいですね。

さて、私がなんどか紹介している通貨の相関や変動率に関してですが、2008年の上半期(6月30日まで)について計算したので、紹介します。

昨日のランドの分析にもあるように、短い期間で市場のセンチメントによって相関関係が変わってしまう通貨もあり、「今」の流れをとらえるには最新の相関関係を抑えておくと便利だと思います。2008年はこういう流れで後半戦に突入・・・ということで是非使っていただければと思います。

まずは、クロス円相関マトリックスです。すべてクロス円買いのポジションです。
(サムネイルをクリックして大きくしてくださいね)
CorrelMatrix_2008FirstHalf.gif

一見ややこしそうですが、簡単です。
縦軸の通貨と横軸の通貨の交わるところに入っている数値がその二つの通貨の相関係数です。

たとえば、縦軸の上から4番目の米ドルと横軸の左から2番目のユーロの相関は0.36・・・といった具合です。

逆相関の通貨は赤字で、相関が高い通貨(0.80以上)はグリーンでセルを色づけしてあります。

クロス円の主要なすべての通貨の関係が入っているので、便利かと思います。



これじゃぁトレンドがわかりにくいという方は以下も参考にしてください。
次はそれぞれのクロス円通貨はドルに連動して動くのか(ドル派閥)、それともユーロに連動して動くのか(ユーロ派閥)・・・ちょっと気になりますよね。
このグラフを見れば一目瞭然です。

GroupingByCorrelation.gif


右軸はドルに対する相関係数(一番右が1.00なので右にいくほどドルに連動する)。
縦軸はユーロに対する相関係数(一番上が1.00なので上にいくほどユーロに連動する)。
ななめに伸びている緑の線はユーロにもドルにも同じだけ連動しているという基準の線ですので、緑の線より右下にあれば、どちらかというとドルに連動し、左上にあればどちらかというとユーロに連動します。

ユーロ派閥に入る資格は、ユーロに連動するが、ドルにはあまり連動しないもの。
ユーロ、スイス、ノルウェー、豪ドルが入りました。

ドル派閥に入る資格は、ドルに連動するが、ユーロにはあまり連動しないもの。
が入りました。
ドル、ポンド、カナダ、NZ、トルコ、ランド、が入りました。

中立は両方に同じように連動するもの(どちらに連動するかは断定しにくいもの)
シンガポールドルと、意外なことにメキシコもここです。

そして最後、独立アンチユーロとしましたが、アイスランドだけは、ドル派と言うにはドルへの相関は弱く、ユーロとは逆に動くので独立アンチユーロ派です。(笑)


長くなりましたが、最後に変動率(HV)を・・・
HV2008FirstHalf.gif


各派閥ごとにまとめてあります。
やはり高金利通貨は変動率が大きいですね。
高金利通貨にはうまく逆相関のものを組み合わせたポートフォリオが必要だということがわかります。



以上、2008年上半期のクロス円の相関関係と変動率(HV)でした。

もし御要望がありましたら、クロス円以外の通貨でも相関係数とHVの計算はできますので、よかったら気軽に気になる通貨をリクエストしてくださいね。また、私の勝手な分析でよければひとつの通貨にしぼった分析や、一歩進んだポートフォリオのリスク分析もすぐできるので、気軽にコメントに残してくださいね♪


では、2008年後半もがんばりましょう♪


ちょっとは役に立ったと思っていただいた方、ぜひ応援してくださいね~♪(笑)
にほんブログ村 為替ブログへ


最後になりますが、HVや相関係数の計算には為替バカ氏のローリスクで年20%の複利運用! 初心者でもできるFXスワップ運用を使わせていただいております。


ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ
外為ランキング


Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。