中東在住、新米エコノミストのスワップ派FX
中東在住、某国際機関の新米エコノミストが、スワップ目的で、労力の少ないFX運用を目指します。トレードの状況や、経済統計や指標の解釈、そして通貨の相関分析などに関して書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユーロと原油とハリケーン
2008年08月31日 (日) 22:10 | 編集
こんばんは。
今日は原油とユーロのお話です。
先日一度原油価格に関して記事を書いたことがありますが(参照記事)、今回は原油と為替の相関のお話です。

先ほどブルームバーグを見ていたら、メキシコ湾からハリケーン・グスタフがアメリカ大陸に上陸する恐れがあり、非常事態宣言が出されたとのこと。
その記事に関連して、原油関連施設が閉まり、原油価格に影響を及ぼすと書かれてありました。
ここまでは一般的な記事ですが、そのあと、ユーロドルと原油価格の相関係数うは0.9、つまり、90%連動していると書かれていました。

はたしてこれは本当なのでしょうか?

以下のグラフは2008年1月1日から7月31日までのNY原油価格とEUR/USD(ユーロドル)の値動きです。確かに年の前半はかなり似た動きをしていますね。ただ、4月下旬、ユーロドルが1.6をつけたぐらいから、その連動性が弱まっています。
EUR_OIL20080831.gif


相関係数を計算してみると、今年に入ってからの原油とユーロドルのは76%の相関でした。
しかし、2005年1月1日から2008年7月31日までだと85%
つまり、ブルームバーグ記事にあった90%の相関も誇大な数値ではなさそうです。

ただ、今年に入り、ユーロドルと原油が相関しなくなってきているのは、ユーロ圏の経済の鈍化のせいでしょうが、原油価格上昇のヘッジとしてのユーロドルはしばらくは機能しなさそうです。


ちなみに、ちょうど3年前の2005年8月29日、ハリケーン・カトリーナがルイジアナからアメリカに上陸し、大規模な災害を引き起こしました。

今回は、そうならないことを願うばかりですが、一応、参考までに原油価格と為替レートの動きを確認してみました。
EUR_OIL2005.gif

8月30日から原油価格は急上昇し、それに少し遅れてユーロドルが上がっています。ただ、その後すぐに原油価格は落ち着いていることから、与える影響はニュースなどで言われるほどはなさそうです。

日本でも豪雨で大変とのこと。
みなさまどうぞお気を付けください。


ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ

『中東在住、新米エコノミストのFX』トップページへ

スポンサーサイト
【保存版】 2008年上半期・クロス円(13通貨)の相関と変動率
2008年07月06日 (日) 19:32 | 編集
こんばんは!
また明日から相場が始まりますね。
スワップ派としては、先週みたいな危なっかしいのではなくて、落ち着いた週になってほしいですね。

さて、私がなんどか紹介している通貨の相関や変動率に関してですが、2008年の上半期(6月30日まで)について計算したので、紹介します。

昨日のランドの分析にもあるように、短い期間で市場のセンチメントによって相関関係が変わってしまう通貨もあり、「今」の流れをとらえるには最新の相関関係を抑えておくと便利だと思います。2008年はこういう流れで後半戦に突入・・・ということで是非使っていただければと思います。

まずは、クロス円相関マトリックスです。すべてクロス円買いのポジションです。
(サムネイルをクリックして大きくしてくださいね)
CorrelMatrix_2008FirstHalf.gif

一見ややこしそうですが、簡単です。
縦軸の通貨と横軸の通貨の交わるところに入っている数値がその二つの通貨の相関係数です。

たとえば、縦軸の上から4番目の米ドルと横軸の左から2番目のユーロの相関は0.36・・・といった具合です。

逆相関の通貨は赤字で、相関が高い通貨(0.80以上)はグリーンでセルを色づけしてあります。

クロス円の主要なすべての通貨の関係が入っているので、便利かと思います。



これじゃぁトレンドがわかりにくいという方は以下も参考にしてください。
次はそれぞれのクロス円通貨はドルに連動して動くのか(ドル派閥)、それともユーロに連動して動くのか(ユーロ派閥)・・・ちょっと気になりますよね。
このグラフを見れば一目瞭然です。

GroupingByCorrelation.gif


右軸はドルに対する相関係数(一番右が1.00なので右にいくほどドルに連動する)。
縦軸はユーロに対する相関係数(一番上が1.00なので上にいくほどユーロに連動する)。
ななめに伸びている緑の線はユーロにもドルにも同じだけ連動しているという基準の線ですので、緑の線より右下にあれば、どちらかというとドルに連動し、左上にあればどちらかというとユーロに連動します。

ユーロ派閥に入る資格は、ユーロに連動するが、ドルにはあまり連動しないもの。
ユーロ、スイス、ノルウェー、豪ドルが入りました。

ドル派閥に入る資格は、ドルに連動するが、ユーロにはあまり連動しないもの。
が入りました。
ドル、ポンド、カナダ、NZ、トルコ、ランド、が入りました。

中立は両方に同じように連動するもの(どちらに連動するかは断定しにくいもの)
シンガポールドルと、意外なことにメキシコもここです。

そして最後、独立アンチユーロとしましたが、アイスランドだけは、ドル派と言うにはドルへの相関は弱く、ユーロとは逆に動くので独立アンチユーロ派です。(笑)


長くなりましたが、最後に変動率(HV)を・・・
HV2008FirstHalf.gif


各派閥ごとにまとめてあります。
やはり高金利通貨は変動率が大きいですね。
高金利通貨にはうまく逆相関のものを組み合わせたポートフォリオが必要だということがわかります。



以上、2008年上半期のクロス円の相関関係と変動率(HV)でした。

もし御要望がありましたら、クロス円以外の通貨でも相関係数とHVの計算はできますので、よかったら気軽に気になる通貨をリクエストしてくださいね。また、私の勝手な分析でよければひとつの通貨にしぼった分析や、一歩進んだポートフォリオのリスク分析もすぐできるので、気軽にコメントに残してくださいね♪


では、2008年後半もがんばりましょう♪


ちょっとは役に立ったと思っていただいた方、ぜひ応援してくださいね~♪(笑)
にほんブログ村 為替ブログへ


最後になりますが、HVや相関係数の計算には為替バカ氏のローリスクで年20%の複利運用! 初心者でもできるFXスワップ運用を使わせていただいております。


ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ
外為ランキング


ランド・ユーロ・ドルの三角関係
2008年07月05日 (土) 22:29 | 編集
こんばんは。
昨日、ランドはECBのトリシェ総裁の会見後になぜ上方ブレイクしたのか?という記事を書きましたところ、多くの方に応援いただきました。どうもありがとうございました。

今日はその続きを書きたいと思いますが、相関係数とかが入ってきて、ちょっとわかりにくいかもしれません。途中読むのがめんどうくさくなれば一番下にまとめがありますのでそこまで飛ばしてくださいね。


まず、ランド円に対するドル円、ユーロ円、ユーロドルの3つの通貨の相関関係か見ていきましょう。これらの通貨の相関関係を2005-2007年の3年間、2007年の1年間、2008年の1月1日から6月30日までの上半期の3つの期間で分析をしています。
ZAR_correl1_20080705.gif


これによる2008年に入ってからのランドの値動きの特徴は何でしょう?

まずドル円に対する相関から・・・。
ランド円とドル円は2005-2007年の3年間においてはほとんど関係がありません。相関関係はプラスの相関があれば1、マイナスの相関があれば、-1、関係がなければ0ですので、0.03というのはほぼ関係がないゾーンです。2007年のランド円とドル円の関係は0.56、つまり、ドル円が上がればランド円が上がるという状態ですが、そこまで相関は強くないという状態でした。それが今年2008年の上半期は相関係数0.81とかなり強い相関関係にあると言えます。

次いでユーロ円に対する相関ですが・・・
2005-2007年はユーロ円が上がればランド円は下がるという―0.31という弱い負(逆方向)の相関がありました。しかし、これが2007年はプラスの0.72という、ユーロ円が上がればランド円が上がるという反対の相関に転換し、2008年上半期は0.07とほぼ関係なしの状況です。

この二つの通貨ペアとランドの相関からは何が言えるでしょうか?
長期(2005-2007)ではランドはドルともユーロともあまり関係がない動きをしてきましたが、昨年(2007年)のランドはユーロに連動し、今年(2008年)のランドはドルに連動している。・・・という結論になります。

では、ユーロドルとの関係を見るとどうなるでしょうか?
2007年のほぼ関係なしを除けば、特に今年の上半期ではかなり強い逆方向の相関を示しています。つまり、ユーロドルが上がれば、ドル円もランド円も下がるという関係がありました。


続いて、ユーロランド(EUR/ZAR)とドルランド(USD/ZAR)とユーロドル(EUR/USD)の関係をみたいと思います。

以下の表はユーロランド、ドルランドのそれぞれのユーロドルに対する相関係数です。
ZAR_correl2_20080705.gif


まずはユーロランドとユーロドルの関係を見ると、どの期間もすべてかなり強い正相関(同方向の相関)です。2008年は0.85ですね。ですので、ユーロドルが上がれば(ユーロが買われれば)ユーロランドも上がる(ランドは売られる)という関係がはっきりしているということになります。

次いで、ドルランドとユーロドルの関係は?
まず、ユーロランドに比べて全体的に関係が弱いです。また、矢印の方向も2007年は逆相関、2008年は正相関と一貫性がありませんね。

ややこしいですが、私の言いたいことは、ユーロランドはユーロドルとの関係が一貫していて読みやすいが、ドルランドとユーロドルとの関係は一貫性がなく読みにくいということです。


結論として、この分析から言えることは、
① まずユーロとドルの関係を見ます。
② そしてユーロドルが上げれば、ユーロがランドに対しても高くなりますが、ランドがドルに対して高くなるかどうかはわかりません。(2008年の場合はランドはドルに対してさらに安くなっています)
ユーロドルが下がるという時に、ランドを買いましょう。ユーロ売りランド買いが一番素直に反応しますが(2008年は0.85)、ランド円を買ってもいいです(2008年は0.72)。私のように、ユーロ売りに抵抗のある方はランド円ですね。ただし、ドルランド売りは、ドルとランドという、もう一つの力関係が入ってくるので、どっちが強いかはわかりません。(ドルがユーロに対して高いですが、ランドがドルよりもさらに高くなる保障はありません)。

ということになります。

ちなみに、この関係が言えるのは、現在のようにドルが強ければクロス円も強いという状態が続く間でしょう。2007年はドルの一人負け感があったので、他の通貨は結果としてユーロに連動する形になったようです(ドルがすべての通貨に対して売られた)。

ということで、現状のランドはやはりドルに連動するということですね(笑)(ですので3日の値動きを解釈すると、ECBの利上げ観測の後退により、ドルが強くなり、それからランドが上げたという図式になります)。投機資金がドルベースで動くと考えるとやっぱりその方が自然のようです。

なんとなくわかっていたパターンだったかもしれませんが、とりあえずデータで実証することに意味があるかと思います。
これをポートフォリオに取り込む場合、EUR/USDとZAR/JPYでリスク分散をするとよいことになります。
ただ、今後必ずしもこのように動くとは限りませんので、あくまで、過去の変動に基づくと、こうなるというだけだとご理解くださいね。

長くなりましたが、読んでくださってありがとうございました。



ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ
外為ランキング


ランド急上昇・・・は何故?
2008年07月04日 (金) 22:38 | 編集
こんばんは。
今日はゆっくりした相場ですね。
アメリカが休みだと相場がほとんど動かないというのは、結局アメリカに主導権を握られている感じがして、悔しいですね。w
でもまだまだそれが現実です。。。


さて、昨日は重要指標が発表され、かなり緊張感のある相場でした。
そんな中、ランドは大きく値を上げて一日の取引を終えました。
これまでどちらかというと上値の重い雰囲気だったので、なんとなく上方ブレイクしたような雰囲気ですね。

いったい何があったのでしょうか?
チャートを見てみると、ランドの急上昇が昨日の9時半から始まったことがわかります。
(15分足で、12:30とあるのはロンドン時間です)
ZARJPY20080704.jpg


ですので、明かに雇用統計の発表、そしてECBのトリシェ総裁の会見に反応して急上昇したことがわかります。

この急上昇、通貨アナリストの分析がブルームバーグと南アフリカ証券市場、JSEのホームページでそれぞれ見れました。

それによると、ランド急上昇はキャリートレード復活によるもの!!!という理由でした。その他の理由は一切ありませんでした。

キャリートレード復活・・・つまり、金利差を目的とした取引・・・
今までもランドは12%の高金利を誇っていたので、何をいまさら?という気分ですよね?

アナリストによると、ユーロの利上げ打ち止め観測がランドとの金利差を確定し、魅力を確定させた・・・とのような説明でした。

この中で面白い点は二つ。

ひとつはランドはドルではなくて、ユーロの動きに反応したということです
もし、ドルの動きに連動していたのであれば、雇用統計の結果を受けて、落ちるはずですよね。そうではなく、ユーロの再利上げ観測の後退により、ランドは上がりました。

これはランドの貿易がユーロ圏の方が大きいからでしょうか?
ランドをキャリートレードの対象としているのはアメリカではなく地理的により近いヨーロッパなのでしょうか?
是非とも理由を確認すべきですね。


もう一つ、面白い点は、ランドの為替変動は金利差によって起こるということの再確認でした。
高いインフレはその国の通貨を弱めます。ですので、高いインフレは為替レートにはマイナスのはず。
しかし、ランドは高いインフレで高金利だから買われるのです。
マクロ経済に関する先行き懸念ではなく、金利差によって買われるのです。
要するに実需ではなく、すべては投機マネーの動き次第ということがわかります。

この2点、昨日のランドの動きから発見できた、個人的にはかなり面白いことだったのですが、いかがですか?(笑)


せっかくですので、週末に、ユーロとランドの関係をアップしようと思います♪実は、ひょっとして・・・と思って相関関係を調べると、ユーロとランドの関係は2008年に入り、2007年には全くなかった傾向がありました・・・。

ちょっと面白いと思っていただいた方、ぜひ応援してくださいね~♪(笑)
にほんブログ村 為替ブログへ


ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ
外為ランキング


≫続きを読む...
トルコ円買い増ししました。
2008年07月04日 (金) 06:09 | 編集
おはようございます。
昨夜の雇用統計から、ECBのトリシェ総裁の会見まで、かなり緊張感のある相場になりました。
結果として、ユーロ高ドル安だった直前までの流れが転換し、ドル高ユーロ安に触れましたが、要は、

雇用統計は若干予想よりも悪かったもののほぼ予想通りであった
ECBは経済の鈍化を懸念し、再利上げに関してはそれほど積極的ではない


という2点でドルショートのカバーが入ったようです。

ただ、雇用統計に関しては依然としてマイナスなので、アメリカ経済としては本当に正念場を迎えるころかと思います。今年に入り半年が過ぎ、まだ景気回復のメドがいまいちたっていないように見えます。

住宅価格の下落、原油高、株安、企業業績悪化、雇用悪化・・・と今のところポジティブな兆しはほとんど見えてきませんね。2008年の後半に入り、V字回復を謳った年前半の積極介入が効果を表すかどうか、期待したいところです。

さて、そんな中、トルコリラをまた1000通貨だけですが買い増ししました。85.20でした。
83.00まで待つつもりでしたが、ドルの反発からクロス円の反発を見て、あと少しだけ・・・ということで(笑)

ランドが大幅に上昇してますね。なぜここまで買いが進んだのでしょうか?
ブルームバーグでランドの上昇に関して、面白い説明がありましたが、のちほど紹介します。




ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ
外為ランキング


Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。