中東在住、新米エコノミストのスワップ派FX
中東在住、某国際機関の新米エコノミストが、スワップ目的で、労力の少ないFX運用を目指します。トレードの状況や、経済統計や指標の解釈、そして通貨の相関分析などに関して書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雇用マイナス8.4万人なのに失業率0.4%も上昇? 雇用統計を一度しっかり見てみましょう。
2008年09月07日 (日) 18:25 | 編集
こんばんは。
また明日から相場がスタートしてしまいますね。
どうなるかわからないときは、そのまま休みでもいいのに・・・なんて思ってしまいます。
先週の暴落で、投資家心理もかなり冷え込んだ様子で、恐怖指数が急上昇・・・なんて記事を見ましたが、確かに恐怖でしたねw

さて、今日はコメントをいただきました雇用統計の謎に迫ってみたいと思います。
9月5日に発表された米・雇用統計は
非農業部雇用者数がマイナス8.4万人
失業率は前月5.7%から上昇し、6.1%となりました。

8.4万人しか減ってないのに、失業率0.4%上昇!?というコメントを昨日いただきましたので、私なりの解釈を書いてみますね。

実は、今回の発表では非農業雇用はマイナス8.4万人でしたが、失業者数は59.2万人増えています。だから、こんなに失業率が大きく上昇したのです。しかし、これはなぜでしょう?

まずポイントは、これが「非農業部・雇用者数」である点です。非農業部は、農業を含みません。また、雇用者数は自営業を含んでいません。ですので、非農業部の雇用減が必ずしも失業率に直結しません。

次に、全労働力は人口増加がある以上、基本的には増加します。今月の場合、先月に比べ、25万人の労働者人口が増えています。ですので、パイが大きくなっているわけですね。

雇用者数は農業も非農業も自営業もすべて含めて34.2万人減少でした。ですので、非農業賃金雇用以外の部門の失業が34.2万-8.4万=25.6万と今月はかなり大きく出たということになります。一貫した明確な統計は出ていませんでしたが、私の解釈では自営業が10万人程度減少していました。
jobless rate August


ご質問にありましたのは、今回のこの結果に、移民による人口増加が影響しているのか?ということでした。これにお答えすると、労働者人口は増えており、ヒスパニック系の労働者も先月比約10万人増えており、人口増加に陰りが出たわけではありません。ですので、住宅需要の回復に関しては人口の問題による需要減ではなく、今後の住宅価格下落の先行きや、雇用状況の悪化によるリスク・テイクの減少が大きいと思います。



ついでに、雇用統計に関して、知っておいて損をしない情報を一つ。
この雇用統計、実は6万の家計を対象にした「サンプル調査」にもとづいていますので、センサスではありません。つまり、標本誤差というものが生じます。ですので、本当は額面通り数字を受け取るのは間違いなのです。それは、視聴率調査などと同じで、視聴率調査などは日本全国で3000件ぐらい(のはずですが違ったらすみません)のサンプル調査なので、10%も13%も誤差の範囲内なのに、10%が13%になれば、3%上がった!と思いますよね。本当は単なる計測誤差かもしれないのに、このようにメディアにでると、やはり一般的には額面通り受け取られます。

しかし、これを時系列で見ていくと当然、急激な減少・増加というものがあります。季節調整もありますが、これは誤差の範囲によるものとも考えられます。前月は急減したが、今月は急増したという時はその場合が強いですね。

実際、雇用統計のレポートには「90%の確率で1.6標準偏差の誤差に収まる」ということが書かれています。注釈内に例が書かれていましたが、前雇用者数は前後43万人の誤差がありうるということです。つまり、雇用が10万人増えた!という発表がなされても、本当はマイナス33万人からプラス53万人の間のどれかですよ!ということでしかありません。(もっといえば、これは90%の確率でこの誤差に収まるということなので、10%の確率でもっと誤差が広がります)同様に、失業率もプラスマイナス0.19%の誤差があるので、アメリカの失業率が6.1%になったといっても(厳密には6.05%です)、実際には5.9%から6.3%の範囲であるということです。


説明がわかりにくければどうぞコメントに残してくださいね♪



ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ

『中東在住、新米エコノミストのFX』トップページへ

スポンサーサイト
米はスタグフレーションの入り口か―住宅建設とインフレ
2008年08月20日 (水) 20:33 | 編集
こんばんは。
今日は特に指標もなくてゆっくりとした感じでしょうか。

昨晩発表された米の指標はかなり米景気の後退を裏付ける形となりました。
住宅着工件数が965,000(予想960,000)
建設許可件数が937,000(予想970,000)
となり、予想はされていたもの、先月より大幅に下落しました。

また同時に発表となった生産者物価指数は
年率1.2%(予想0.6%)上昇となり、食品・燃料を除外したコア指数も0.7%(予想0.2%)と高くでました。

これを受けて、FRBは今後かなり難しいかじ取りを強いられることになりそうです。

インフレが高いので金利を上げてインフレを抑えたいが、金利を上げると今後ますます景気が冷え込みます。

景気後退懸念が強い中、今金利を上げればどうなるでしょうか?
ますます内需が縮小するのに加え、当然人々の不満が高まります。
ですので、政治的観点から考えても、大統領選挙もあり今の段階では利上げは非常に難しそうです。

7月分はかなり低い数値がでましたが、6月分の住宅着工で大きな数値が出ていました。そこで景気回復の強さを印象付けたわけですが、実は7月1日からNY市で住宅建設の法改正が施行され、その前の駆け込み需要があっただけだということです。つまり先月分の駆け込み需要のせいで6月分は高く出て、7月分は低く出たということですね。と考えるとその平均が地力ということでしょう。(いたずらに今回の数値だけでひどい数値が出た!というのは少しやりすぎだと思います)先月が106.6万件でしたので(詳しくは8/18の記事参照)、平均は101.55万件。今年に入ってずっと同じ100万前後ということです。

この数値でもう少しドルが売られるかと思いましたが、そうでもないみたいですね。他の通貨も買えないということでしょう。

ただ、先日まで超悲観的だったNZのスタグフレーション懸念と同様、米もスタグフレーションの入り口にいる雰囲気です。財政赤字も悪化していて、今の段階で積極的にドルを買う理由は見当たりません。数日前の記事で相場の転換期か?と書きましたが、そこまでの力はなかったものの、このままどんどんドルが独歩高になるという雰囲気もなくなったと思います。ちょっとした拍子のドルの急落には気をつけたいと思っています。


ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ

『中東在住、新米エコノミストのFX』トップページへ

相場の転換点が近い? 明日の米・住宅着工件数に注目
2008年08月18日 (月) 20:12 | 編集
こんばんは。
また一週間が始まりました。
今日はちょっと珍しいですが、アメリカの経済指標を記事に取り上げたいと思います。

明日19日の日本時間21:30に、米の住宅着工件数、および住宅建設許可件数が発表されます。

私はこの二つの指標が相場の転換点になるかも・・・とひそかに思っています(はずれても怒らないでくださいねw)

ここ数週間のトレンドはドル買い・その他売りという流れであったと思います。ドル円が110円を突破しているのに、NZや豪、ユーロやスイスといった高金利や欧州通貨が軒並み下げているのはすべてドルに対して売られているからです。つまりドルの一人勝ち相場だったといえます。

そもそもこの流れはどこから始まったでしょうか?
一番のポイントとして挙げられるのは先日のFOMCの金利会合での米・金利据え置き決定でしょうか。でも実は先月の住宅着工件数の発表から現在のトレンドができていると私は思い増す。金利政策発表後、焦点がいつ利上げに向かうか?になったことからドル買いが一気に進みました。逆に利下げトレンドに入ったオセアニアが売りの対象になりました。

つまり、現在の相場は、「金利差」相場と言えるのではないでしょうか?
(もちろん原油価格の下落とか様々な要因はありますが)

では金利差相場と考えると、米の金利を左右する非常に大きな指標はこの住宅着工件数、および住宅建設許可件数という二つの指標です。

住宅許可は許可のみ、そのご何件が着工に回ったかが着工件数です。住宅許可は先行指標としても使われています。つまり、この数値が低く出れば、利上げ期待が遠のくというわけです。

ブルームバーグによると、金利先物は9月の0.25%の利上げ期待を14%程度織り込んでいるようです。このようなダウントレンドの中でもすでにこれだけの期待が高まっていることから、逆にこれが住宅関連指数の悪化となれば一気にさめ、ドル売りが始まるかもと思っています。

参考までに住宅着工件数と許可件数の2005年からのグラフを掲載しておきます。データ元は米センサス局です。
housingstarts.gif

先月強い数値が出ているので(着工件数106.6万件、許可件数113.8万件)、ドルが強くなったわけですが、今回はエコノミスト予想では着工件数が96万件と低く予測されています。(過去数ヶ月間の低い許可件数が予想の元になっているはずです)

この指標でドルの一人勝ち相場が今後も続くのか、相場が反転するのかというセンチメントの岐路にたっている気がします。


ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ

『中東在住、新米エコノミストのFX』トップページへ

雇用統計の結果を受けて、利下げ期待上昇。連銀は資金供給準備。
2008年03月08日 (土) 00:09 | 編集
雇用統計の悪化を受けて、3月18日のFOMCの会合での利下げ期待が上昇しているようです。現時点でエコノミストの3割がさらに1%の利下げを予想しているとのことです。

また、連銀は市場の流動性確保のための銀行への資金供給額を300億ドルから500億ドルに増やし、また1000億ドルの準備をしていることのことです。

これらの対応策による為替の戻しなのでしょうか?アメリカ市場が開きましたが、いったん101.40まで下げたドル円も102.50まで戻しています。私の持っていたポンド206.00から206.50のポンド15000は206.50と207.00でそれぞれ切れてしまいました。結局損切りってアホみたいな気分です。

今週はあちこちに指値、逆指値をおいてトレードをしてみたらやっぱり最終的に3万円ほど資金を溶かしてしまいました。やっぱり利益が乗った時に仕切れず結果として損切りをすることが多いので短期は無理のようです・・・と毎日言いつつ、ポジションを取り続けているので、来週は本気で短期のポジション取りはしないことにします。

ランドは12.60、トルコは81.00円をそれぞれ割り込んできましたが、特にポジションはまだとっていません。市場のセンチメントが今後どうなるかですが、経済が逆回転をし始めるとそう簡単にストップをかけることができません。指標の悪化はこれからもでてくる可能性があると思います。そのたびにまた下げがあるのではと考えると、今日のこの時点でまだロングに向かう必要はない気がします。3月18日の金利政策会合でも1%の利下げがなければ、また期待はずれで株安、ドル安という動きもこれまでなんどもあったように、またあるような気がします。

今週短期売買で3万ほど溶かし(先ほど実感しましたが)ましたが、先週末に仕切ったランド円40万通貨がそこから80銭下がっていることを考えると32万円の見えない利益がでているのと同じこととして、小を捨てて大をとったと考えることにします。トルコでも損切りにかかってなければ、スイストルコやポンドトルコでさらに20万と考えるとまだ市場に残っているだけ、実はファインプレーなのかもと言い聞かせます。「見切り千両」というやつですよね。ちなみに長期ポジションはもうしばらくは様子を見るべきと考えています。

参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ





速報 雇用統計 マイナス63000人 失業率は4.8%
2008年03月07日 (金) 22:44 | 編集
2月分の雇用統計がでました。
予想のプラス23000人に反してマイナス63000人とのことで、2003年3月以来の最悪の数値のようです。
1月分の数値もマイナス17000からマイナス22000に修正されました。

ただ失業率は予想の5.0%へと上昇せず、4.8%と0.1%減少しています。これは人々が労働力として登録しなかったためとのことで、実質的に非労働者数の増加ですので、いい減少ではありません。

クロス円は当初10分は意外と底堅く落ち着いていましたが、今再下落をはじめたようです。ドル円は101.50を割り込んできました。
ポンド売りポジションを持っていたので、しばらくは様子をみてみることにします。
ここからどうなるか、アメリカ市場がどう始まるか注目です。

参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ






Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。