中東在住、新米エコノミストのスワップ派FX
中東在住、某国際機関の新米エコノミストが、スワップ目的で、労力の少ないFX運用を目指します。トレードの状況や、経済統計や指標の解釈、そして通貨の相関分析などに関して書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北欧通貨にまつわるエトセトラ
2008年07月07日 (月) 22:47 | 編集

一週間が始まりました。
今日はユーロドルの下落からドル派閥(昨日の記事参照)の高金利通貨が上げてますねw

特に今日はこれといって面白いニュースもないのですが、あえて取り上げるとしたら、
北欧!

アイスランドとノルウェーを少しばかりアップデートします。

以前私も保有していたアイスランドクローナですが、最近の動きはとにかく荒いです。一日に平気で2%動いていたりします。(ドル円なら一気に2円上げ下げするようなもんです)

ちなみに今日も1.75%の上げ・・・

なぜかと思ったら、IMFがインフレが収まるまでは金融引き締めを続けるべきだと進言したようです。アイスランドは現在15.5%の金利。これを来年には引き下げ始めるということが言われていたようですが、まだ早い!というIMFの助言が入り、高金利の魅力から今日は上げているみたいですね。ちなみに先週の7月3日に金利政策会合があり、15.5%で据え置き決定がされたとこだったようですので、今後にさらなる利上げがあるかも???という期待でしょうか。

とはいえ、スワップが入らなければ高金利のメリットがないのも事実。
昨日の分析にあるように、アイスランドはユーロの逆に動くのでよっぽど今の世界の為替のトレンドが動かないかぎり、今あわてて買う通貨ではなさそうです。もっとも、人のいく裏に花道あり・・・なのかもしれませんけどね。


次いでノルウェー
鉱工業生産が好調のようです。
製造業は予想の前年比3.4%アップに対し、5.6%と経済の好調を示していますね。

ちなみに新生銀行が片道25銭(FXに比べるとスプレッドが大きいですね)でノルウェークローナの外貨預金を始めたとのこと。

ノルウェークローナ特集をやってたので、せっかくなので情報収集に使わせていただきました。
ちなみに南アフリカランド特集も掲載されていますよ。



ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ
外為ランキング


スポンサーサイト
アイスランド、更なる暴落・・・
2008年06月19日 (木) 01:29 | 編集
久しぶりにちょっとアイスランドの記事を・・・

・・・というのも、今日のレートをHiroseTraderで見てると、アイスランドが暴落していました。
対ユーロでは4%近く下げ(EURISDは上げ)、なんと、3月の最大瞬間風速でつけた127.90台をつけています。
EURISK0618.jpg


125.00にあったストップロスを巻き込んで大きく上昇したようですが、根本的な原因は、アイスランドの信用収縮が改善されていないからということのようです。

アイスランドの銀行に対する不安がまだまだ解消されていないようで、このまま128.00を突破すると青天井になりそうですね。

アイスランドの株式の代表指数も去年の7月の半分の4500になっており、3月安値を下回ってきています。

ユーロが対円では高くなっているので、アイスランドも対円では13.00付近ですが、まだまだ買い時は遠いようです。



参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ
外為ランキング


アイスランド再利上げ決定・15.5%へ
2008年04月10日 (木) 18:48 | 編集
アイスランドが再利上げを行い15.5%になりました。
インフレ率目標が2.5%であるのに対し、8.7%と上昇に歯止めがかかっていないことが直接の問題のようですが、この世界的な緩和の流れの中で苦しいかじ取りを行っているのが見えます。

これで金利はトルコよりも高くなったわけですが、流動性の問題から、FXではその金利の恩恵は受けれない状態が続いているようです。
ちょっと不透明な状態が続きそうなので、私はISKは切ることにしました。
金利が高くてもスワップがつかなければ、意味ないですよね。

今日は金利引き上げの発表後2%ほど下げていますね。

今日はこのあと、現地時間11時(日本時間8時)に金利引き上げの理由と経済見通しが発表されるようですので、それも一応チェックしますが、当分は取り引きするメリットはなさそうです。本格的にデフォルトとかの話しになると売りでスワップがつくなら売りで入れるのでしょうけど。


参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ






アイスランド緊急利上げ、13.75%から15.0%へ
2008年03月25日 (火) 18:54 | 編集
アイスランド中央銀行は本日、緊急で金利を1.25%引き上げて15%にしました。
ISK/JPYは現在、前日比4.6%の上げとなっています。

先日からもっていたショートは1.3の指値で切れ、逆に逆指値で入れていた買いポジションが立ちました。結果としてショートは損切りです。利食いのポイントが下手なようでいっつもストップで切れてる気がします。

このアイスランドに関してですが、2006年に新興国からの資金引上げがあった際もトルコは金利引き上げを行い、結果として、為替レートが戻ったという経緯がありますので、今回のアイスランドの決定も資金を呼び戻すための策かと思います。アイスランドは海外からの資金によって経済が成り立っている部分もありますので、資金が逃げればそれだけ国内経済に悪影響があるため、中央銀行はこれからもはそれなりの手立てを打ってくると考えます。ですので、このまま先日の12.20を底に反発してくれるのでは・・・と淡い期待を抱いているのですが。。。。しかし実際には、世界経済の流れの中でやはりまだ不安は残ります。底値は限定的と判断してストップをつけないべきか、リスク限定のために、ストップはやはりおいておくべきか少し悩むところです。まぁスワップ派なら腹をくくってストップなしで挑むところでしょうか・・・。

参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ






アイスランド、ショートしました。
2008年03月18日 (火) 19:57 | 編集
昨日、アイスランドを両建てにしたと書きました。
今日朝起きてみたら、ポジションがなくなっていました。。。
新規注文で出したはずやのに・・・!?

どちらにしてもポジション的には同じなのですが、私は個人的に両建てをよく使います。それは損切ってしまうと、そのあと嫌になって相場を見なくなるからです。両建てなら、同じ緊張感のまま、いつどこでポジションを外すか考え続けることができるので。

とにかく、ポジションが切れてしまったので、それはそれで気分一新です。ブルームバーグに、世界的な信用収縮のために、流通の少ないアイスランド通貨のデフォルトの危険性が高まっているだの、成長見通しの格下げだの、債券格付けも下げられる見通しなど、ボコボコ書かれているので、思い切ってISK/JPYの1.270に逆指値のショートをおいていたら、先ほどヒットし、一期に1.240まで下げています。買いたいはずの通貨でショートして差益が乗っているのは皮肉な感じがしますが、大勢が落ち着くまでは臨機応変に行けということで考えます。

スワップ用のポジションはNOK/JPY18.0、AUD/JPY80.0、NZD/JPY70.0、TRY/JPY65.0、MXN/JPY8.0、ISK/JPY1.0から入れています。この水準に近付いてもまだ下げ止まり感が出ていない場合は、指値の引き下げをするつもりです。


参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ


Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。