中東在住、新米エコノミストのスワップ派FX
中東在住、某国際機関の新米エコノミストが、スワップ目的で、労力の少ないFX運用を目指します。トレードの状況や、経済統計や指標の解釈、そして通貨の相関分析などに関して書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ノルウェーの金利は5.75%で据え置き(8月13日)
2008年08月14日 (木) 21:18 | 編集
こんばんは。
昨日記事にしようと思ってできなかったので、簡単に報告程度の記事にしたいと思います。

昨日北欧の資源国、ノルウェーの政策金利の発表がありました。
金利は5.75%で据え置きでした。

前回6月に0.25%利上げした際に、今年中にもう一度利上げがあるだろうといわれていたので、今回か?という見方もあったようですが、今回は据え置きでした。おそらく石油価格が落ち着いたことが目先のインフレ率高騰懸念を和らげたからでしょう。

ただマクロ経済的にはもう1回の利上げをできる環境にあるようです。
7月のインフレ率は予想よりも高く3.5%と過去7年以上で最高となっています。
経済成長は世界経済成長の鈍化から昨年の6.2%から3.25%と少なからず鈍化していますが、他の欧州諸国やアメリカと比べてもまだ力強い経済成長が見て取れます。
雇用状況は好調で石油価格の好調を植えて、20年間で最低水準の2.5%の失業率となっています。

このような状況から、必要であればいつでも利上げをできる体力はあると考えます。ただ、その必要があるかどうかは今後の石油価格の情勢などを見ながらでしょうか。

次回の会合は9月24日現地時間14時です。
今年中にひょっとしたら金利を上げるかもという内容は声明発表から見てとれましたが、金利政策のターゲットしては5.25%から6.25%の水準が当分適当であろうとの内容がありますので、次回どうなるかに関しては今のところ中立のようですね。個人的にはインフレが少し収まり利上げする必要性に欠けるということで据え置きでは・・・と現段階では思っていますが。



ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ

『中東在住、新米エコノミストのFX』トップページへ

スポンサーサイト
欧州の資源国、ノルウェーの金利発表
2008年06月25日 (水) 05:15 | 編集
おはようございます。

本日25日はスワップ派にとって、おそらく注目すべきは、南アフリカの消費者物価指数でしょうが、実は何気にノルウェーの政策金利発表もあります

先月の発表では金利上昇期待がかなりあったものの、据え置きとなり、ノルウェークローナが反落した・・・ということがありました。(参照記事

今回も0.25%の引き上げで金利は5.75%になると予想されているようです。

その金利上昇期待から、ノルウェークローナ円は昨日(24日)、数か月ぶりに21円を突破し、21.100円台をつけました。
NOKJPYwk20080625.jpg

(チャートは週足)

ようやく21円の抵抗を抜けたという感じですので、これで金利引き上げが現実となれば、21円台後半が見えてくると思います

ちなみに昨年10月の21.900円台の高値は1992年にもつけた高値ですね。それを抜ければ1990年の24.500円ぐらいのようです。(さかのぼりすぎ?w)

逆にまた据え置きなら・・・!?

また反落ですかね(笑)

長期的には(週足、月足)ではまだまだ上昇途中の雰囲気ですが、日足ではかなり高値圏ですし、ドル高が国際的によしとされているなら、ユーロとともに、頭打ちになる可能性もあると思うので、特に今買い増しすべき通貨ではなさそうです。(と言いながら、わざわざ記事にしてますがw)

しかし、ユーロドルが1.6を超えてくるなど、ドルが弱くなったり、原油高がさらに顕著になるなら21円台でも買ってもいいかもしれません。

落ちてきた場合は20.300で買い増したいという感じです。


にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ
外為ランキング


ドル円のヘッジとしてのノルウェー? ドルとノルウェークローナの相関
2008年06月09日 (月) 21:04 | 編集
今週もはじまりました。
朝方下げていたクロス円も欧州時間に入り戻し基調にあるようですね。

さて、そんな中、ノルウェークローナ円が21.000円を突破しました。先週半ばに20.300円で買いなおしたことを記事にしましたが、そっから一気に上げてきたようです。

一般的にユーロがドルに代わる次の基軸通貨として、ドルが下がればユーロが上がるというのが(ユロドルの上昇)というのが通念になってきましたが、もともとそのドルが下がる理由が原油高、株安に左右されるとすれば、原油高によって上がる通貨を持てば、ヘッジになるのでは?と考えました。

以下はドル円とほかのクロス円の相関係数です。
USDcorrel0609.jpg


2005年から2007年までの3年間のスパンで見れば、ユーロ、豪ドル、NZドル、ノルウェー、トルコとほぼ同じような50-60%程度の相関です。(ランドだけ違いますね。)

しかし、原油高が大きな問題となった2007年のみに限ってみればノルウェーはドルとはマイナス13%の相関と、逆相関になっています。

今年、2008年に入り、クロス円暴落を先導したドル安においても、ユーロ円とドル円が51%の相関なのにもかかわらず、ノルウェーとドル円は25%の相関になっており、ドル円のヘッジとしては、ユーロよりもノルウェークローナのほうがよさそうです。

ユーロは現在4.0%の金利、ノルウェーは5.5%で経済の好調さから言っても、利下げ懸念のあるユーロより利上げ圧力の強いノルウェーのほうが有利のような気がします。

ただ変動率が少し大きいのが難点でしょうか・・・。

ちなみにノルウェーはHirose-FX2が一番いいかと思います。Lion FXよりもHirose Traderよりもスプレッドが小さく、欧州、アメリカ時間では0.005から0.003まで狭まっています。



参加しました。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ



ノルウェーの金利は5.5%で据え置きでした。
2008年05月28日 (水) 21:15 | 編集
さきほど、今日の現地時間で2時に金利発表があると書いたので、そのフォローアップです。
金利は据え置きになったようです。

一瞬、20.900台にのせていましたが、これで、4月高値および12月高値の20.900で頭を抑えられた形になってしまうのかどうか注目です。
原油価格が下がっており、ユーロドルも下がっているので、そうなりそうな気配はありますが、他の高金利が次々あげてきているので、キャリー復活の勢いで突き抜けるかも・・・。


参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

↓証拠金にも金利がつきます。
現在、口座開設+取引で最大7万円のキャッシュバック&30日間手数料無料キャンペーン実施中









本日、ノルウェーの政策金利発表
2008年05月28日 (水) 16:25 | 編集
本日はノルウェーの政策金利の発表があります。
現地時間で2時とのことなので、日本時間では夜9時ですね。
(欧州諸国はサマータイムとかがあってややこしいですねw)

現在、ノルウェーの政策金利は5.50%ですが、2007年の4月には4.00%だったので過去1年間で1.50%ほど上げています。

ノルウェーは世界で5番目に大きな産油国であるので、経済状況もよく、インフレに対して、利上げを行いやすいようですね。

インフレターゲットが2.5%であるのに対し、4月の年率換算インフレ率が3.1%と上昇しており、今回の決定で0.25%の上昇があるのではという憶測が流れているようです。

ファンダメンタルではアメリカやほかの欧州諸国に比べてリスクが少ないため、原油価格で多少左右されるとはいえ、キャリートレードの対象として、今後人気が出てきそうな気配です。

個人的には18円台で買いたかったのが3月の相場で指値に刺さらず上昇し、結局20.200台でポジションをたてているので、すごく悔しいのですが、現在20.800付近と好調です。

少し買い増しを考えたいところですが、原油価格が落ち着くかも・・・と考えるとちょっとタイミングとしては微妙ですね。

LionFXならNOK/JPYの一日のスワップは10,000通貨あたり27円です。ほぼ同じ資金で持てるポンド円1000通貨のスワップが25.4円なので、今後の見通しから考えても有利だと思います。






参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

↓証拠金にも金利がつきます。
現在、口座開設+取引で最大7万円のキャッシュバック&30日間手数料無料キャンペーン実施中







Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。