中東在住、新米エコノミストのスワップ派FX
中東在住、某国際機関の新米エコノミストが、スワップ目的で、労力の少ないFX運用を目指します。トレードの状況や、経済統計や指標の解釈、そして通貨の相関分析などに関して書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
南アフリカ・消費者物価指数上昇で今後の金利動向は?
2008年02月27日 (水) 21:09 | 編集
南アフリカの2008年1月分の消費者物価指数が発表され、12月の8.6%から8.8%へ上昇しました。
2007年に2%ほど金利を引き上げたにもかかわらず、物価上昇に歯止めがかかっていないようです。
インフレターゲットが3-6%なので、この数値を大幅に超え、物価上昇による経済の鈍化への影響もありそうです。

ただ、1月はランドのドルに対する大幅な下落があり、輸入コストが上昇することから、物価上昇率の増加は当然の流れといえ、特に大きなサプライズにはなっていないようです。この分だと貿易収支も結構ランド安の影響を受けて赤字拡大していそうな気がします。

この物価上昇により今後の金利はどうなるのでしょうか?
本来金利はインフレ率の下落とともに、引き下げの方向であったと思うのですが、インフレ率の上昇から市場は今年度の金利据え置きを予想しているようです。私自身の勝手な予想では、昨日のGDP成長率の増加という要因から、ひょっとしたら次回の金利政策会合では金利引上げがあるのかも・・・と思っています。もちろん電力不足の影響からどれだけ2008年度第1四半期の経済成長に影響しているかによると思いますが、原油が1バレル102ドルと史上最高値を更新し続けているので、引き続きインフレ率は高いままかと思います。

本日はドルが下落し、1ドル7.4ランド台に切り返してきています。昨日、日足でダブルトップを形成する7.55にストップを置いた両建て分が切れ、現在はドル売りランド買いのポジションになりました。市場全体のドル安の雰囲気とドルランドの日足でのダブルトップから、今後はランド高に向かいそうですね。

これでこれまで置いてきたランドの両建ては全部切れ、ランド買いのポジションのみになりました。結果としてドルランドの両建て分などは損切り(7.65でポジ)だったのですが、気分的に安心して見ていられたので自分には有効な手段だったように感じます。

参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ





スポンサーサイト
南アフリカ・第4四半期GDP成長率5.3%
2008年02月26日 (火) 21:55 | 編集
南アフリカの2007年の第4四半期のGDP成長率が発表され、年率換算で予想の4.4%よりも高い5.3%という成長率でした。
第3四半期の成長率も4.7%から4.8%へ上方修正されています。
2007年の下半期で2%も金利を上げたのに、強いですね。

それを受けて、株式は前日比で1.5%上昇、ランド円は14.20まで上昇しています。時間足では上昇トレンドだったので、特にサプライズでの上げという感じではないようです。先週の財務大臣の予算演説で4.0%という控えめな数値が述べられていたので、その分サプライズでもう少し上がってもよさそうですが。

建設セクターは堅調のようですが、鉱業は電力不足もあってか伸び率が低かったようです。

現在ランド円は25.5万通貨ロング中です。ドルランドは0.3万通貨両建て中ですが、そろそろ両建てをはずすべきかなぁと思っていますが、明日CPIの発表もあるので、それを見てからでもいいかとも思っています。

でも市場全体に安定感が広がってきましたね。


参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ




ノルウェークローナ (NOK)
2008年02月23日 (土) 23:18 | 編集
ノルウェークローナが堅調です。
1月22日の18.820を底値に現在20.200まで約7.3%ほど上昇しています。
ユーロとほぼ同じような動きをしているのですが、ユーロが152.20から159.00まで約4.5%の上昇であることから、それよりも反発力が強いことがうかがえます。

私は現在19.500と19.600で2万通貨ほど保有しています。19.400で買ったものはトレールを0.200下においていたのに今週切れてしまっていました。

ノルウェーの政策金利は5.25%で欧州諸国では高く、Lion FXでのスワップ金利は1日当たり26.25円です(2月22日現在)。レバレッジ1倍だと、投資金額20万2千円に対し9581円のリターンです。(4.74%)

2007円の相関係数はユーロと強く89%です。ユーロのレバレッジ1倍の利回りが投資金額15万9千円(1000通貨)に対し5584円で3.5%なので、ユーロを持つより有利な気がします。

また最近の上げは原油高によるもののようで、資源国としての優位性もあります。

ドイツ銀行では、世界的な原油高とインフレ懸念の中、そして堅調なノルウェー経済から今後も堅調であると予想しているようです。


参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ
ランド、両建て整理で買いポジションへ
2008年02月23日 (土) 18:35 | 編集
一週間ほどエチオピアに出張でしたので、ブログは更新できませんでしたが、この一週間はほぼ私の期待通りに動いてくれたように思います。

今週半ばの下げで、両建てのための10万ランドの売りが13.75から13.65ですべて買い戻されていました。
残念ながら13.60の指値にはあと0.02下げたりず、買いますことはできませんでしたが、いい感じでポジションの整理がついたと思います。これで26万通貨の買いのみのポジションになりました。

13.40に両建ての逆指値注文を、急落した場合の保険としていれてありますが、基本的には13.50で底堅いように見えるので、ここから反発していくことを期待しています。

また逆にZAR/USDは7.9の逆指値で売りも買いも6000通貨ほど切れてしまいました。7.9を超えればどうなるかわからないので、すべて切って楽にしようと思っていたので気分的には楽になりましたが。あとは3000通貨分の両建てが残っていますが、ZARを7.0で売っているのでまだまだそこまでは遠く、とりあえずあげそうな場合に両建てを切り、下げそうな場合にまた両建てを作るというやりかたにしようと思います。

以前は相場を常に見ていましたが、今週の出張中もほったらかしにすることができました。これで少し精神的にもスワップ派に近づけたかなと思います。


参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ





ランド円、少し仕切りました。来週は下がるかな?
2008年02月16日 (土) 15:59 | 編集
今週は含み損を抱えていたランドもISKも上昇し、比較的安定した週になりました。
ランド円は終値でぎりぎり14円は保っていますが、1時間足ではトレンドを割りました。8時間足でも下落トレンドのレンジの上限で跳ね返されたように見えるので、来週は再度13円台に落ちるかなぁと思っています。

ただ、アメリカの指標にネガティブが相次いだのにドル円も底堅い雰囲気なので、案外下げは限定的なのかもしれません。

とりあえず13.95から14.15までで5万通貨ほど決済し、次の反落に備えました。26万買い、10万売りの形になっています。13.70以下で売りを決済し、13.60以下で買いを拾いたいと思うのですが、来週は出張のため見れないので指値で入れておくことにします。

ISK/JPYは買い値の1.600を上回って今週を終えてくれました。
1月21日に購入してからまだ1か月も保有していませんが、スワップがやはり大きいですね。スワップ込みの買い値が1.583まで下がってきています。あと1か月後に1.56ぐらいまで下がると考えると、今後安心して保有できそうな気がします。


参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ






市場のモメンタムは若干改善か? 欧州株2%上昇、トルコ株4%上昇、南アフリカ株3%上昇
2008年02月12日 (火) 22:52 | 編集
今日は欧州市場が2%近い上げをしており、市場のモメンタムが改善しているように見えます。アメリカの景気後退は回避できるという声明かドイツの指標の改善が主因でしょうか。

現時点でトルコの株式は4%、南アフリカの株式は3%、前日比で上昇しております。

日足ではトルコスイスもトルコポンドも両方とも長い上髭をつけており、いったんの下げ止まりを示しているように思います。トルコスイスは1月22日の1.125程度で止まっており、この水準は結構堅そうに見えます。トルコ円も88円台に乗せてきてますね。先日88円で仕切った0.1枚を87.40で買いなおしてみました。

USD/ZARも7.75で両建てのドル買いのほうを少し落としました。ZARがなんとなく反発しそうな気配だったので・・・。BBCなどのコメントでもZARが落ち着いた的なコメントが出ていますね。ただ、7.5から8.0のレンジの予想が大方ですので、7.6ぐらいに再度両建ての買い注文を入れています。

Lion FXで練習がてらUSDの取引をしてみましたが、Hirose Traderのトレール注文よりも細かい値幅で注文が入れれるようなので、短期の上げについていきたい時などは使い勝手がいいですね。

参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ




ポンド円でやられた・・・
2008年02月11日 (月) 21:56 | 編集
もう少しおちるかなぁと207.30で売りにはいったら、まんまとやられました。
仕事中で見れないときにポジションをとったらだめですね。
前回ポンド円でうまくいったので、調子にのって今日も小遣い稼ぎと思ったら自爆でした。

207.15で5万ポンド売り、208.00ストップ。
42500円のマイナスです。

含み損であせって変なポジションをとる典型的な例をやってしまいました。
自粛します。

でも、欧州株も落ち着いてますね。


参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ


ランドーJPモルガンが格下げ、Citiはドルランド8.3を予想
2008年02月09日 (土) 21:09 | 編集
ブルームバーグおよび、ロイターにランドに関する記事が出ていました。

南アフリカの経済成長は昨年の4.4%から3.7%へ減速し、2010年までに6%の成長率という目標はおそらく達成できないであろうというもの。

理由は、アメリカ経済の減速と欧州経済の不透明感という世界経済の減速による南アフリカの輸出の減少。そして、国内の電力不足による生産の低下と輸出の減少というものでした。

JPモルガンは南アフリカの株式をオーバーウェイトからニュートラルに引き下げたようです。
Citi groupのアナリストはドルランドがR8.3まではいくであろうと予測しています。

ムベキ大統領の声明文などで電力不足は克服できるような発表はありましたが、外国人投資家が南アフリカから資金を引きあげる流れでは当面は厳しそうです。。。。

長期間持ち続けるのも策ですが、資金効率がよくないですよね。
来週は戻りを損切りをするかな・・・・はぁ・・・・


みなさまの判断は自己責任でお願いします。

(ニュースの原文です。)
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=akl3KUeognpQ
http://africa.reuters.com/country/ZA/news/usnL08835930.html
http://allafrica.com/stories/200802080104.html


参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ




トルコはここが踏ん張りどころ
2008年02月09日 (土) 18:01 | 編集
こんにちは。

最近は高金利通貨がボコボコ下げてますね。
ここまで下げれば買いだろうと、ランド円をはじめ、ドルランドなどのポジションが増えたため、ポジションを取る前に自分が描いていたポートフォリオと異なる形でポートフォリオが出来上がってきています。
全体的なレバレッジも10倍程度と高くなってきているので、見直さなければいけないと思うのですが、現段階の含み損をどうするか・・・ですね。ランドはまだ両建てを保ったままですが、14円台へ反発したところでポジション削減&13.50前後で買い戻しも考えています。

昨日はトルコが下げたものの87円にはサポートがあり、ここで反発できるかどうかだとは思いますが、G7での失望売りがなければ反発するのではと考えています。

トルコ円は昨日、おとついのトルコの下げて87円までに仕込んだポジションも逆指値で切れて現在0.1枚のみ。トルコポンド、トルコスイスはそれぞれ5000通貨、10000通貨で含み損が33000円と22000円、ありますが、逆指値を先日高値より少し上の1.13と2.45にそれぞれおいたままにしてあります。

ここでトルコには踏ん張ってほしいですね。

2月は欧州の金融機関の決算もあり、これがトルコポンドやトルコスイスにどう影響がでるでしょうか。個人的には悪い決算でもトルコ円は下げてもトルコポンドやトルコスイスの下げは限定的であると考えているのですが、それは楽観的な考えでしょうか・・・。



参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

ようやく本日口座開設が完了したと連絡がきました。またあとでログインしてみます。




ランドは両建て継続・今日はトルコ・アイスランドが暴落したが、一時様子見
2008年02月07日 (木) 20:45 | 編集
今日は木曜ですので、中東では週末になります。ですので、家でゆっくりしようとしてたのですが・・・

ランドは昨日よりもさらに下げ、今日はトルコもアイスランドも追随して現在2%近い下げになっております。

私のISKは1.6000で購入したので、ここしばらくずっと含み益がありましたが、今日は含み損に転じています。トルコはCHF/TRY、GBP/TRYのそれぞれ含み損状態で、全体のポートフォリオでも含み損が30万ほどになってしまいました。

さてここからはどうするべきなんでしょうか。
長期的に見ればこの水準は買い・・・というのは、この水準を昨年の水準と比べて言っていることです。私自身もそのつもりでランドを14円台で0.1円刻みで1万ずつ増やしてきました。しかし、結果はさらにその下へ・・・。

ここで買い増しをすれば、今後上昇した場合にお宝ポジションを持っているということで非常に有利になりますが、ここから更に下落すれば、目も当てられなくなります。

私は含み損のおかげでレバが10倍程度になっており、一応対策を考えておかないといけないと思います。

トルコ、ISKはそれぞれ1月の安値まで戻しただけなので、ここで踏みとどまれるか様子を見ることにします。ISKに関しては下がっても1.5だと考えているので、それほど心配はしていないのですが・・・。

ランドは昨日建てた両建て分は維持します。(ちなみに5万通貨は両建てでなく、ポジション決済の売りが入っていたようで、5万ポジションが減り、現在33万通貨買い、10万通貨売りの差引23万通貨ロング中という状態です)

正直ランドの13.60台はHVの計算上は考えていましたが、実際にあるとは考えていませんでした。2007年のHVが15%なので、2007年の平均の16.8円から14.3円までの下落で止まると考えていたので、甘かったですね。現在の13.60という数字は2007年平均の16.80から考えると19%下落ですので、統計学上は10%の確率で起こりうるという現象です。


参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ
インドの経済成長減速、GDP成長率は8.7%
2008年02月07日 (木) 18:58 | 編集
日本市場は本日は上げて終わりましたが、インドは昼過ぎから急落。
08年3月期のGDP成長率が8.7%へ、3年ぶりに減速したという報道によるもののようです。
昨年度は9.6%だったので、1%程度の鈍化ということです。

ただ、これは2004年以降9回の利上げを実施した結果による消費需要が鈍化ということなので、計画された経済政策の結果として見てよいのではと思います。アメリカの景気後退という理由とはかけ離れたものであると考えています。

ブルームバーグの報告によると、インドは、シンガポールと香港、マレーシア、オーストラリアの人口合計に匹敵する約5000万人の中産階級の消費に支えられているため、米国の景気後退が鮮明になったとしたとしても、経済は好調を維持するであろうとしています。

インドのSENSEXはここ半年の世界的な株価低迷の中でも比較的安定して成長しています。日経平均が8月のサブプライムショック前の18000円台から13000円まで落ちているのと反対に、同じ時期にSENSEXは14000から17500へと上昇しています。

私の場合もFXの含み損をインドが結構相殺してくれているので助かっています。


参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



南アフリカランド暴落・一時停戦
2008年02月06日 (水) 18:02 | 編集
こんにちは。
クロス円、荒れてますね。

昨晩は14.00と13.90に各5万ランドずつ指値がヒットし、38万ランド保有となりました。
東京時間はまだ比較的落ち着いていましたが、欧州時間になり、また下落傾向が顕著になってきたので、ZAR/JPYを15万通貨売り、USD/ZARを6000通貨売り(USD/ZARは9000通貨Long保有なので)ました。

14.00が底であろうと、ちょっと高をくくってことを自分で少し反省しています。この状態でトレンドが上に向くまで様子を見ようかと思います。

こういう時はついあせってポジションをとってみたり、ポジション決済をしたりしてしまいがちなので、自分自身を落ち着かせないといけないですね。(今反発してきているところを見ると両建てにしたこと自体あせったのかな?w)


参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ





1月のISM非製造業景況指数 41.9
2008年02月05日 (火) 23:39 | 編集
1月のISM非製造業景況指数が予想の53を大幅に下回る41.9だったようです。
発表予定の時間と違ったような・・・。

ちなみにこれは前月の54.4よりも大幅に低く、2001年10月(911直後ですね)以来の低い数値のようです。
この数値はアメリカ経済の90%の非製造業の現状を表しているということでかなり深刻のようです。もちろん住宅関連で縮小しているということでしょう。

50を超えれば景気拡大、50を下回れば景気縮小という指数ですので、これにより大幅な景気減速の懸念が台頭したということでしょう。

このあと始まる米株市場も下げそうです。

たまたま、この時見ていたので、ちょっとエントリーしてみたところ
ポンド売り10万通貨 20pip (211.30 – 211.10)
ドル売り5万通貨 25pip (107.30 – 107.05)
ずつ取れました。
もっとそのあと下げましたが・・・

これで少なくとも含み損拡大中のランド分が少しは補えそうですw



参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ





南アフリカはランド軟調もJSEは好調
2008年02月05日 (火) 17:14 | 編集
こんにちは。

今日もランドが弱いですね。
昨夜は一旦14.20で下げ止まったかという動きでしたが、戻しがとにかく弱いです。
リスク回避の動きが継続しているといったところなのでしょうが、ZARはUSDに対しても日足でサポートの7.5まで下げています。ここで止まってほしいところです。
時間足で下ひげが伸びましたが、ここから戻すかどうか。

ちなみに南アフリカの株価指数は好調です。
1月23日に25,000をつけたあと、現在は29,000近くまで15%以上回復し、1月初めの水準にまで戻してきています。
本日も上げて始まってますね。
ですので、電力不足の問題がそこまで深刻であるようには思えません。
おそらくセンチメントの問題でランドが売られていると思うのですが。。。

相場の大きな流れはファンダメンタルで、日々の動きはセンチメントをしっかりととらえないといけないですね。


参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

私も早く口座を作らないと・・・





GBP/TRY約定
2008年02月04日 (月) 18:44 | 編集
先ほどGBP/TRYを指値2.3000で5000通貨ほど売りました。

1月上旬に2.1程度で売り抜け(買い抜け?)たものをいつポジションを立て直そうか考えていたのですが、金曜日に2.3を抜けて再度下落トレンドが見えてきたので、ポジションをとりました。

毎日のスワップが1万通貨で590円程度ですので、5000通貨で300円弱入ってきます。
ポジション金額は5000通貨なのでおよそ105万円。現在のスワップで計算すると、年間スワップが107,000円程度。ポジションに対する利益率は10.3%になります。これはZAR/JPYの利益率とほぼ同等か、若干高いぐらいです。

私の計算では、2007年のHVでは変動率が10.2%と、TRY/JPYの15%や、AUD/JPYの12.1%よりも低く、スワップもAUDやNZDよりも見込めます。

また、今週のBOEの政策金利引き下げが現実となれば、私の考える「力関係」において、TRYの相対的な魅力がGBPよりも高まるために、スポット差益も見込めると考えています。

ストップは先日の高値である2.45程度で、その場合はスポットのみで7万円程度(7%程度)の損失です。
もちろん、状況が変わればすぐに決済することもありですが。。。。

1日のスワップは2400程度になり、年間スワップは88万円です。

あと今どうしてもほしいポジションはNZD/SGDです。。。指値まで下がってくれればいいのですが・・・。


参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ



なぜ南アフリカランド・トルコリラか?
2008年02月03日 (日) 17:32 | 編集
こんにちは。
昨日ブログデビューしたリンすけです。
マイナー通貨では、現在28万ランドと、4000トルコリラ、10000CHF/TRYの売り、3000メキシコペソを持っています。
トルコリラとメキシコペソは2番底を待っていて、飛び立った感が少しありますが、まだ2番底がどこかでくるかなぁと待っているところです。ランドは・・・どうでしょうか。


私が南アフリカランド、トルコリラを買うのは、単純に今後に期待できるからです。

仕事がら、途上国が拠点ですが、途上国や、中心国には日本のような先進国にないもの、「エネルギー」を感じることが大変多いです。

私はインド株も結構買っていますが(投資信託です)、これは2005年にインドに3ヶ月ほど駐在する機会があり、その際に、インド経済のダイナミックな躍動感を肌で感じたからです。経済が成長している、という大きなダイナミズムと人々のエネルギーが間違いなくインドにはあります。帰国後、すぐにインド株を購入しました。

南アフリカは短期の滞在だったために、あまり見ることができませんでしたが、2004年の夏に滞在し、同じようにエネルギーを感じました。ただ、経済成長のにおいというよりも、当時は計り知れない潜在能力(=天然資源)が眠っていて、将来動き出すと伸びるだろうなぁという感覚でした。

トルコは2007年の8月のサブプライムショックまっただ中の暴落時にちょうど1週間ほど出張で滞在していました。最初、1リラ100円換算で換金したのが、出国時には1リラ90円換算になっていたのが衝撃的でした。ただ、トルコは思っていたよりも全然ヨーロッパ的で安定感が非常にありました。すでに交通網や都市部の生活インフラが整っていて、ここからは安定した成長が見込める気がしました。

ちなみにメキシコへはアメリカから2001年に日帰りで行っただけなので、あまり知りません・・・wこれはテクニカルで買っています。

このような経験から、私は比較的安心して、これらの通貨を買っています。
通貨の動きは結局は通貨の力比べだと思います。
今後相対的にどういう力関係にあるかということを考えた上で、こういうポジションをとっています。
ポジションをとるにあたり、HVの計算をしていますが、これはおいおい書いていこうと思います。

目先の動きに慎重な注意をはらいつつ、長期的な投資を行おうと考えています。

今後ともよろしくお願いいたします。

参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ




はじめまして&1月の仕込み
2008年02月02日 (土) 23:36 | 編集
みなさん、はじめまして。

ようやく念願のブログデビューを果たしたリンすけです。
今後ともよろしくお願いいたします。

私は2008年1月より100万円スタートで本格的にFXを始めることにしました。
というブログを1月初めにスタートさせたかったのですが、結局1か月遅れでスタートです。
自分のトレードを客観的にみるためにも役に立つかなぁと考えています。

2008年1月は株も為替も大きく変動した月になりましたが、ここ数カ月待ちわびた仕込みのチャンスとばかりに以下のように1月は気合いを入れてポジションをとっております。

基本的にはマイナー通貨が多いのですが・・・。
ただ、私の駐在中、および出張で行く国々はもっとマイナーなので、これらの通貨は私の中では意外とメジャー通貨なのですw


1月に購入した保有中のポジションと平均購入額です。
Hirose-Trader
CHF/TRY Sell 10,000 @1.080
ZAR/JPY Buy 50,000 @14.49
ISK/JPY Buy 500,000 @1.600

Hirose FX2-ミニ
MXN/JPY Buy 30,000 @9.700
TRY/JPY Buy 4,000 @90.23
USD/ZAR Sell 9,000 @7.272
NOK/JPY Buy 10,000 @19.67
ZAR/JPY Buy 130,000 @14.51

Etrade
ZAR/JPY Buy 100,000 @15.50


予定スワップは1日2100円ほど。年間で77万ほどの予定です。
年間100万のスワップを目指したポジションをとりたいと考えています。

今後ちょこちょこアップしていきますので、よろしくお願いいたします。


参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。