中東在住、新米エコノミストのスワップ派FX
中東在住、某国際機関の新米エコノミストが、スワップ目的で、労力の少ないFX運用を目指します。トレードの状況や、経済統計や指標の解釈、そして通貨の相関分析などに関して書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スワップ用ポジションを少し増やしました。
2008年04月24日 (木) 00:22 | 編集
ポジションを少し増やしました。

先日とったポジションですが、昨日の下げと本日の上げでうまく回転することができました。
豪ドル、NZドル、トルコの3通貨が月曜の朝から下がっていたので、とりあえず安いところで買い、先週建てたポジションを建値から少し上でさしていたところ、すべて回転することができました。

・・ので、ポジションは以下のようにすこしキリがよい数字になりました。(笑)
4/18 2000買い TRY/JPY@79.34
4/22 3000買い TRY/JPY@78.70
4/18 5000 買い  NZD/SGD @ 1.0705
3/14 5000買い  ZAR/JPY @ 12.50
4/18 5000買い  ZAR/JPY @ 13.46
4/21 2000買い  AUD/JPY @ 96.90
4/22 2000買い  NZD/JPY @ 82.00
加えて昨日ポジションを少し増やしました。
4/22 10000買い MXN/JPY @ 9.80
4/22 5000買い ZAR/JPY @ 13.50
4/22 2000売り USD/ZAR @ 7.620


スワップ合計は1日373円で、1年で136,100円の計算です。

ZARがもう少し下がれば少し大きめに買い増し予定です。
何となく底堅さが出てきましたね。

参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ








スポンサーサイト
久々にポジション・メイクしました。
2008年04月20日 (日) 03:31 | 編集
久し振りの更新です。
ポジションを持っていないと、ついついマーケットから遠ざかってしまいますね。
仕事が忙しかったこともあるんですが・・・。

2月末に大幅に損切りをして以来、久し振りにポジションをとりました。
市場のモメンタムが改善すれば再度参入するつもりだったので、機会をうかがっていましたが、今週、住宅指標の下振れやメリルやシティの悪決算にも反応を示さないどころか、材料出尽くし感から上昇に転じたので、これまでの底なし沼のような相場からは脱却したかなぁという判断です。

日足では単純に25日移動平均が上向いてきたものも多いですし、そろそろリスクを取り始める段階かなぁと思います。ただ、今後一辺倒に円安に向かうことはちょっとまだ考えられないので、横ばいでしばらくいけばいいかなぁと思っています。

メリルの決算後に買いに入るつもりが、すべて指値で押し目を狙っていたらすべてはずしたので(あほでした)、タイミングを逃して結局シティの決算後に焦ってポジションをとってしまいました。

・・ので、ポジションは以下のようなキリの悪い数字です。(苦笑)
4/18 5000買い TRY/JPY@79.34
4/18 5000買い NZD/SGD @ 1.0705
3/14 5000買い  ZAR/JPY @ 12.50
4/18 5000買い  ZAR/JPY @ 13.46
4/18 2000買い  AUD/JPY @ 97.24
4/18 2000買い  NZD/JPY @ 82.25

スワップ合計は1日314円で、1年で114,500円の計算です。

AUD、NZDは買値から2円ほど下がれば買い増しで、TRYは3円ほど下がれば買い増し、ZARは12.5程度で買い増し予定です。以前、一気にポジションを多くとったために全ポジションが一気に同じだけ含み損をかかえたので、今回は少しずつです。TRYだけ、出遅れ感があったので、少し大きめにポジションをとりました。

ちなみに以前からほしかったNOKはもう20円半ばまで来ており、18円台で買いそびれたのをかなり後悔していますが、今後、EUR/USDが下げればつられてNOKの買い場もまた来るかと思っています。

いずれにせよ、明確な理由によって3月17日の安値を下抜けすれば損切りを考えています。

参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ




アイスランド再利上げ決定・15.5%へ
2008年04月10日 (木) 18:48 | 編集
アイスランドが再利上げを行い15.5%になりました。
インフレ率目標が2.5%であるのに対し、8.7%と上昇に歯止めがかかっていないことが直接の問題のようですが、この世界的な緩和の流れの中で苦しいかじ取りを行っているのが見えます。

これで金利はトルコよりも高くなったわけですが、流動性の問題から、FXではその金利の恩恵は受けれない状態が続いているようです。
ちょっと不透明な状態が続きそうなので、私はISKは切ることにしました。
金利が高くてもスワップがつかなければ、意味ないですよね。

今日は金利引き上げの発表後2%ほど下げていますね。

今日はこのあと、現地時間11時(日本時間8時)に金利引き上げの理由と経済見通しが発表されるようですので、それも一応チェックしますが、当分は取り引きするメリットはなさそうです。本格的にデフォルトとかの話しになると売りでスワップがつくなら売りで入れるのでしょうけど。


参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ






長期的な仕込みは・・・まだ?
2008年04月06日 (日) 16:21 | 編集
今週はドル円の102円台やポンド円の204円など、先週と比べて大きく上昇しましたが、金曜の雇用統計の悪化にともない若干戻して終わりました。

確かに今週はモメンタムが大きく改善し、大幅な上昇になったわけですが、このまま底打ちと判断していいのでしょうか?

私の考えではまだ・・・かなぁと。

下はドル円の月足ですが、見ての通り、124円の高値から、2本以外はすべて陰線になっており、下げトレンドのまっただ中です。
USDmonthly.jpg


1995年に100円を切ったときも、7か月ほど100円前後を行き来し、そのあと一気に割り込んでいますので、今週ちょっと102円台を回復したからといって、じゃぁこのまま円安かというと、過去の経験からはもうちょっと日数が必要のようです。1999年も2005年も100円台で1年近くさまよっていることからも、上昇気流に乗るためにはある程度の底錬りの時間が必要なのではないかと考えます。

2004年は104円から一気に114円まで反発して、また101円まで反落してるように、まだウミを出し切っていない状態ではボラも高く、上昇に飛びつくと高値だったということになりかねないので、まだ慎重に行くべきかなぁと考えています。短期なら押し目ととらえてもいいのかもしれませんが。

まぁ、私自身は残念ながら今週乗り遅れたので、希望的観測も含めて、とりあえず、まずは日足でのダブルボトムの下げを待つことにします。まぁ雇用統計もよくなかったので。。。

あせらずFXトレーディングで買い場の研究をしてみようかなぁと・・・。

参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ


トルコは政治的危機?
2008年04月01日 (火) 05:59 | 編集
昨日のトルコリラはほかの高金利通貨の上昇をよそに大幅下落となりました。
発表されたGDP成長率は年率3.4%で前回と同じだったので、トルコのイラク攻撃が問題で下落しているのかと当初思っていたらどうやら他に理由があるようです。

これは大学での女子学生のスカーフ着用の憲法改正案が政教分離の原則を侵害しているとして、検察が3月14日に首相および大統領の政治活動停止とイスラム系与党の解散を求める裁判の申し立てを行った件で、昨日、裁判所が申し立てを受け入れ、違憲審査を開始するとのことで、政治的混乱を理由にトルコリラが売られたようです。

・・・と言うのはブルームバーグのレポートですが、実際は政府のGDP成長率目標が2008年は5.5%であるのに対し、3.4%成長なので、結局は経済成長の鈍化がみられたから・・・ということではないでしょうか。インフレ懸念はまだ強いようですが、ひょっとしたら金利引き下げが近い将来あるかもしれません。

トルコリラは75円を割り込んでいますね。経済成長の鈍化にこのような政治混乱が続けば、2006年の68円を目指す展開になりそうです。

参加しました。よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ







Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。