中東在住、新米エコノミストのスワップ派FX
中東在住、某国際機関の新米エコノミストが、スワップ目的で、労力の少ないFX運用を目指します。トレードの状況や、経済統計や指標の解釈、そして通貨の相関分析などに関して書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リスクヘッジには円の「単一通貨リスク」も忘れずに・・・。
2008年07月20日 (日) 20:32 | 編集
こんばんは。
いよいよ夏休み到来の時期ですね。
夏休みは日本よりも欧米諸国ではかなり重要視され、うちの機関でも7月下旬から9月中旬ぐらいまではほとんどの人が夏休みに入ります。
昨年のサブプライムショックの急落はこの8月にありましたが、日本のお盆に限らず、世界市場での薄商いの中、これからしばらくは大きく動く可能性もありそうですね。

さて、今日は特に市場もなく、とりたててネタもないので、またリスクヘッジについて一考察を・・・。


FXのリスクヘッジに関して、一般的に言われてるのは通貨分散ですよね。米ドルのみをもたずに、豪ドル、ユーロ、などなど分散すると通貨固有のリスクを減少させることができます。たとえばトルコ円しかポジションを持っていなければ「トルコ」の固有リスクがあり、たとえばトルコとイラクの国境紛争があれば、トルコリラがすべての通貨に対してうられます。

これは「買う」方の通貨分散ですが、「売る」ほうの通貨分散も実は考えておくべきではないでしょうか?円売りポジションばかりを持つと、実はそこに円の「単一通貨」リスクがあります。

同じくクロス円通貨のみを持っている場合、円の固有リスクがあることを忘れてはならないと思います。ドルが弱くなる・・・というリスクももちろんありますが、「円が意味不明にめちゃくちゃ強くなった」場合、問答無用で全クロス円通貨が下げます。これは他の要因じゃなくて日本の要因ですよね。ですのでリスクヘッジには円売りポジションのみではなく、ドル売りなどを含めて、「売り通貨」分散をしておくと、よりリスクが分散されるのではないでしょうか?


私のお勧めは160もの通貨ペアを取引できて、通貨分散に強い以下のような、SAXO系業者でしょうか。
アストマックスFX
121証券
Hirose Trader

この用に、どの通貨をどれだけ持っているか、「ネット持高」を表示してくれるのでわかりやすいです。
NetPosition.gif



為替は常に通貨の相対関係なので、いろいろなベクトルのポジションを持つことがリスク分散になるということですね。


ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ほんとそうですよね
予想したとおりに動くことなんて
めったに無いですから
リスクには常にそなえないと
ですもんね!
2008/07/20(日) 21:30 | URL | がく #-[編集]
リンすけさん、こんばんは^^

まさにその通りですね~
クロス円のみのスワップ派には、常に円高リスクが付きまといますね^^

まあ、私は超長期なら円安と見ていますから超低レバ運用の方は心配していませんが、リターンを多くしようと思ったらハイレバ運用が必要になります。
そうすると調整レベルの円高にも耐えられないでしょうから、どうしてもリスクヘッジが必要となります。

通貨のベクトルが収益増の鍵ですよね^^

応援ぽちっ♪
2008/07/20(日) 21:51 | URL | 魚屋 #-[編集]
がくさん>
あくまで可能性の話になるかもしれませんが、やはりリスクはリスクとして、認知しているかどうかが、万が一の時に大きく影響しそうですよね。
2008/07/20(日) 22:27 | URL | リンすけ@中東 #-[編集]
魚屋さん>
おっしゃるとおり、FXの魅力の一つにレバレッジがあると思います。FXの可能性を最大限引き出しつつ、リスクを抑えれるのが一番理想かなぁと思っています。

通貨のベクトル・・いい響きですね♪(笑)
2008/07/20(日) 22:32 | URL | リンすけ@中東 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。