中東在住、新米エコノミストのスワップ派FX
中東在住、某国際機関の新米エコノミストが、スワップ目的で、労力の少ないFX運用を目指します。トレードの状況や、経済統計や指標の解釈、そして通貨の相関分析などに関して書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
意外な真実・NZ円とNZ米は似て非なるもの!?
2008年07月27日 (日) 17:54 | 編集
こんにちは。

先週NZが利下げを行ったことで、NZドルは弱含んでいましたが、今週そのNZドルが下げ止まるかどうかが注目ですね。

今日はそんなNZについて、記事にしてみたいと思います。


NZドルと言えば、オセアニアの高金利通貨で、キャリートレードの人気通貨ですよね。利下げをしたと言っても、8.00%の金利は、非常に魅力的です。

しかし、昨年8月の暴落を覚えている方は覚えていらっしゃるでしょうが、7月24日に97.8円を付けたNZ円はほんの数週間後の8月17日には20円以上も下がり、最大瞬間風速で74.3円を付けました。下げ幅にすると、24%も一気に下げたことになります。NZは隣国オーストラリアと比べても市場規模が小さく、通貨取引量も少ないので、このように投資家が一斉に同じ方向に動けば一気に相場が崩れてしまうのがリスクです。

そんなNZドルですが、実は、NZドル/米ドル(NZD/USD)という通貨ペアで取引すれば意外と違う顔が見えます。

昨年8月の暴落を例にとって見ると、NZ円は24%下げましたが、同じ期間にNZD/USDは18%程度の下げにとどまりました。

これはなぜでしょう?

これは、キャリートレードの主流が「円売り」で行われているため、米ドルも円に対してうられていたためです。NZドルは確かに円に対して売られましたが、同時に米ドルも円に対して売られていたので、その下げ分が相殺され、NZD/USDはこの程度の下げで済んだのです。

同様に、年末から今年の3月にかけてドル円が95円台まで落ち込んだ時はどうだったでしょうか?年末12月27日の114.60円から3月17日の95.75円程度まで落ち込んだ時(ドル円の下落率16%)、NZ円も88.3円から75.7円まで14%程度の下落をしていましたが、NZD/USDは逆に6%上昇し、0.766から0.812に上げておりました。

つまり、同じNZドルでも円売り(NZD/JPY)なら14%下落、米ドル売りなら(NZD/USD)6%上昇と大きくその明暗が分かれていたのです。

実はその3月中旬がNZD/USDの直近最高値でそこからずるずる0.74まで下げてきているのですが、このことから、NZD/USDという通貨ペアがクロス円とは異なる動きをするということがわかります。

以下の表はNZD/JPYとNZD/USDの2008年度の相関係数です。
NZcorrel.gif


NZD/USDがいかに他のクロス円と逆相関しているかわかりますね。
チャートでみるとこのような感じです(2008年のみ)
NZDchart20080726.gif


また変動率(HV)もNZD/JPYが12.2%であるのに対し、NZD/USDは8.7%と比較的安定しています。

NZD/USDの場合、スワップが120円程度と、NZD/JPYの170円に比べると確かに見劣りしますが、「円売り」という同一方向のリスクをとるよりかは、同じNZドルを保有する際にNZD/JPYとNZD/USDに分けて保有するだけでリスク分散になるようです。

*このトレンドは過去の動きに基づくものなので、今後の動きが必ずしもこうなるというわけではありません。

ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ

『中東在住、新米エコノミストのFX』 トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
リンすけさん、こんばんは^^

去年の事は良く覚えていますよ~
パリヴァの問題の起きた金曜日、全てのクロス円がその直後から暴落したのに、NZは来週水曜日に利上げ予測がされており、そこまで97~96円台と殆どレートが落ちないどころか一時的にレートが上がったりしてたんですよね!
この事実は如何に金利目的でNZDが取引されているかを表していますね^^


今の相場はリスク回避に円買いを行うと言う異常事態が起きることがよくありますね。
なので、円を絡ませない取引と言うのは変動率を下げるためには非常に有効ですよね^^

ドル売りというリスクも無い訳ではありませんが、その時はそれ以上の円買いが起きるでしょうから、結局はNZDJPYの方が変動率は高くなるでしょうね。

応援ぽちっ♪
2008/07/27(日) 20:20 | URL | 魚屋 #-[編集]
魚屋さん>
こんばんはー。
そんなに詳しく覚えていらっしゃるとは・・・脱帽です。^ ^;

去年の経験をされた方は今年の夏も警戒されている方が多いでしょうか。僕自身は、ちょうど8月上旬にトルコ旅行をしていて、到着したときと出国するときで全然レートが違ったのを覚えていますw

おっしゃるとおり、キャリートレードの基本が円売りなのであれば、キャリートレードのモメンタムに左右されるリスクを減らすには円売り以外の通貨でということになりますね。

今週から、欧州系銀行の決算が始まるので、去年の再来がないように見守らなければなりませんね♪
2008/07/27(日) 21:51 | URL | リンすけ@中東 #-[編集]
いつも勉強させてもらってます★
ただ内容が濃いので理解納得する
ためにほかの資料あさったり
するんですけどねwww
2008/07/28(月) 14:43 | URL | がく #-[編集]
がくさん>
こんばんは。
率直な感想どうもありがとうございます!!
たぶん、回りくどい説明を書いてるからわかりにくくなってると思います。できるだけ簡潔な文章が書けるように頑張ります!w
2008/07/28(月) 20:57 | URL | リンすけ@中東 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。