中東在住、新米エコノミストのスワップ派FX
中東在住、某国際機関の新米エコノミストが、スワップ目的で、労力の少ないFX運用を目指します。トレードの状況や、経済統計や指標の解釈、そして通貨の相関分析などに関して書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
南ア、インフレ上昇 - 8月の利上げ幅は?
2008年07月30日 (水) 21:01 | 編集
南アの6月分の消費者物価指数、が本日発表になりました。
CPIX(住宅金利などを除いたもの)の結果は年率11.6%上昇で、予想の11.3%よりも高かったようですね。
これは、先月の10.9%よりも高い数値です。

南アフリカのインフレターゲットは3-6%。
今後2年間はインフレターゲットを大幅に超えるレンジで推移しそうとのことです。

これを受けて8月14日の金利政策会合では0.5%以上の利上げがあるような気がします。
個人的には、前回かなりコンサバな対応でしたので、1%以上上げるべきでは?と思っていますが、そなへんは中央銀行の決断次第でしょうね。

最近原油の価格が少し落ち着いてきたとは言え、まだ年初よりも高い水準です。インフレに歯止めをかけないことには貨幣価値も下がるので要注意ですね。

ちなみに1%以上上げるべきと私が思うのは、トルコとの対応を比べれば歴然。
トルコは10.6%のインフレで16.75%の政策金利
南アは11.6%のインフレで12%の政策金利

どちらのほうが積極的な対応をしているかは一目瞭然ですね。まぁもちろん、経済の好調なトルコのほうが利上げはしやすいのは当然なんですが・・・。


ここからは余談ですが、不思議なことに、前回のCPIXの上昇の報を受けた時は、ランド高になりましたが、今日は特に反応なしでした。これは昨日の大幅上昇からの調整なのでしょうか?前回は予想と0.1%の誤差、今回は0.3%の誤差ですので、今回の方が予想よりも高く出たわけですが・・・。

先月、6月26日の記事で書いたように、ランドはファンダメンタルの要素よりも金利先高観のほうが重要な要素のようなので、インフレ率上昇は、キャリートレーダーにとっては好材料のはず。

それが、ランド上昇という形で跳ね返ってこないということは、
1. 昨日、このインフレ上昇を見越してあげていたため織り込み済みだった
2. 今日から始まるアメリカの雇用統計やGDP速報など、世界経済の大勢を見極めたいのでその前に材料出尽くしで手じまい
3. 実体経済への懸念が少し出始め、インフレ上昇=為替レート上昇ではなくなった

のような理由が考えられます。

まぁ、1と2が理由のような気がします。
よって、売り一巡後は再度ランド買いが始まる気がしますが・・・。

週明けすぐにランド買っとけばよかったなーと思いながら、また買い場を探して待つことにします。



ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ

『中東在住、新米エコノミストのFX』トップページへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
リンすけさん、こんばんは^^

やはりトルコと南アフリカを比較すればトルコに軍配があがりますね^^

しかし、為替には単純な経済力の比較以外にも割安感や政情感とか色々ありますからね~

ランド狙いですか^^
良い買い場に出会えると良いですね~

応援ぽちっ♪
2008/07/30(水) 22:00 | URL | 魚屋 #-[編集]
またもやトルコが爆あげですな!
含み益がえらいことなってきてて
決済したい病にかかってますww
あとユロシンガポが徐々に下がってきて
やっと米ドルにたいしてバランスを
戻してきたかナットおもってます!
2008/07/30(水) 23:19 | URL | がく #-[編集]
魚屋さん>
そうですね。
この比較は単純に金利とインフレを出したものですが、GDP成長率を考慮に入れるだけでも、南アの金融政策は理解できますもんね。
ランド、安値を見てるんで、なかなか買いづらいという、精神面でやられてる気がします(苦笑)
2008/07/31(木) 00:24 | URL | リンすけ@中東 #-[編集]
がくさん>
今日のトルコはなんなんですかね?さっき、15分間で往復2円の行って来い(90円から92円)がありましたが、あきらかにおかしい動きをしています。まぁ上げてるんでいいんですけど(笑)
でも正直なところ、ポジションを追加したいので、いったん下げがほしいですw
2008/07/31(木) 00:27 | URL | リンすけ@中東 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。