FC2ブログ
中東在住、新米エコノミストのスワップ派FX
中東在住、某国際機関の新米エコノミストが、スワップ目的で、労力の少ないFX運用を目指します。トレードの状況や、経済統計や指標の解釈、そして通貨の相関分析などに関して書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪・金利据え置き、今後は利下げ観測
2008年08月05日 (火) 14:29 | 編集
こんにちは。
先ほど豪州の金利が発表されました。
結果は、予想通りの据え置きで、7.25%でした。
(参考までに前回6月分の会合の記事:7/2の記事)

声明文の中に、「今後内需が縮小すれば金融政策の緩和へ動く」という文言が盛り込まれており、それにより、今後は利下げへと動く観測が高まったといえます。

・・・とは言っても、そのあたりは先週から散々言われていたので、特に新しいことではないのですが、RBAが正式に発表したことが売り材料になるのでしょうかね。

前回の象徴的なフレーズであった[Uncertainty-不確実性]は今回もありましたが内需とインフレ率の今後の不確実性という形で述べられていました。しかし、同時に景気の鈍化と内需の縮小により、インフレ率は、今後落ち着いてくるだろうという観測が前面に出されていました。前回は本当にどっちにいくか不確実だという内容でしたが、今回述べられた不確実性は、景気後退が顕著になる中で、どの程度インフレ率が高止まりするか、どの程度内需が縮小するか不確実だ・・・というような少しトーンが変わった使われ方をしていたという印象です。

ちなみに、豪ドル円は100.00円で下げ止まっており、金曜安値で止まっております。しかし豪ドル/米ドル(AUD/USD)は前回の安値を下抜けて、0.925よりも下に来ていますね。

ここから豪ドル円100.00円を売り崩すには少し硬い印象ですが、どうなることでしょうか。あさって7日に豪の失業率の発表があるので、そこで弱い数字が出れば売り崩しのタイミングになってくるのかもしれません。


ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ

『中東在住、新米エコノミストのFX』トップページへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
リンすけさん、こんばんは^^

豪ドル円、崩れてきましたね~
どこで反発してくれるんでしょう?

オセアニアを多くポジっているので悲しいです><

応援ぽちっ♪
2008/08/05(火) 21:51 | URL | 魚屋 #-[編集]
ものすごく豪関係いろいろポジを
考えたんですけどポートフォリオ
のHVを計算すると豪をからめると
1%以上あがるので諦めますた・・・
2008/08/05(火) 22:05 | URL | がく #-[編集]
魚屋さん>
こんばんはー。
どこで反発するか、難しいですね。AUD/USDの0.90ラインがサポートできればそこでしょうか。さらに見通しが悪くなれば0.86まで考えなければと思っていますが。
先月の強気な見通しから一転、わからないものですね。
2008/08/05(火) 23:35 | URL | リンすけ@中東 #-[編集]
がくさん>
そうですね。
HVは過去のどの期間を取るかによっても変わってきますが、おそらくトルコ・そしてユーロとの相関が高いのでがくさんのポートフォリオに入れるとHVが上がってしまうのでしょうか。。。
でも、下がったところでポジれば上にぶれてくれる分にはいいかなーなんてw
僕は今豪ドルは1.3万しかもっていないので、落ちたところは狙っていこうと思っています。
2008/08/05(火) 23:40 | URL | リンすけ@中東 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。