中東在住、新米エコノミストのスワップ派FX
中東在住、某国際機関の新米エコノミストが、スワップ目的で、労力の少ないFX運用を目指します。トレードの状況や、経済統計や指標の解釈、そして通貨の相関分析などに関して書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ノルウェーの金利は5.75%で据え置き(8月13日)
2008年08月14日 (木) 21:18 | 編集
こんばんは。
昨日記事にしようと思ってできなかったので、簡単に報告程度の記事にしたいと思います。

昨日北欧の資源国、ノルウェーの政策金利の発表がありました。
金利は5.75%で据え置きでした。

前回6月に0.25%利上げした際に、今年中にもう一度利上げがあるだろうといわれていたので、今回か?という見方もあったようですが、今回は据え置きでした。おそらく石油価格が落ち着いたことが目先のインフレ率高騰懸念を和らげたからでしょう。

ただマクロ経済的にはもう1回の利上げをできる環境にあるようです。
7月のインフレ率は予想よりも高く3.5%と過去7年以上で最高となっています。
経済成長は世界経済成長の鈍化から昨年の6.2%から3.25%と少なからず鈍化していますが、他の欧州諸国やアメリカと比べてもまだ力強い経済成長が見て取れます。
雇用状況は好調で石油価格の好調を植えて、20年間で最低水準の2.5%の失業率となっています。

このような状況から、必要であればいつでも利上げをできる体力はあると考えます。ただ、その必要があるかどうかは今後の石油価格の情勢などを見ながらでしょうか。

次回の会合は9月24日現地時間14時です。
今年中にひょっとしたら金利を上げるかもという内容は声明発表から見てとれましたが、金利政策のターゲットしては5.25%から6.25%の水準が当分適当であろうとの内容がありますので、次回どうなるかに関しては今のところ中立のようですね。個人的にはインフレが少し収まり利上げする必要性に欠けるということで据え置きでは・・・と現段階では思っていますが。



ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ

『中東在住、新米エコノミストのFX』トップページへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ノルウェーは据え置きですかぁ
いまだノルウェーはポジをとった
ことがないですが、今後どういった
うごきしそうですかねぇ?
2008/08/14(木) 22:06 | URL | がく #-[編集]
がくさん>
こんばんは。ノルウェーはやはり原油の値段に左右されるのが大きそうですね。原油価格がこのあたりで落ち着くのなら、ここから積極的な上げは望めないかもしれませんね。
個人的には、今回の下げが始まる前にノルウェーは利益確定しておいたので、現在は20.000まで下げれば買いというスタンスで下げ待ちをしています。
2008/08/14(木) 23:31 | URL | リンすけ@中東 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。