中東在住、新米エコノミストのスワップ派FX
中東在住、某国際機関の新米エコノミストが、スワップ目的で、労力の少ないFX運用を目指します。トレードの状況や、経済統計や指標の解釈、そして通貨の相関分析などに関して書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メキシコペソはハト派声明を受けて軟化
2008年08月29日 (金) 21:45 | 編集
こんばんは。
昨日の米GDPの改定値は予想よりも高い数値が出て、市場全体に安心感が広がったようですね。でも、その割にはドルが下げていたりして、つい最近までのドル買い一直線の動きは収まってきたようです。ドルは円に対して下げていますね。

同じアメリカ大陸のメキシコの通貨ペソはそのドルよりもさらに下げているようです。久し振りに大きく動いたかと思ったらペソ安の方向でした。

以下はUSDMXNの日足チャートですが、一気にペソ安になりましたね。
USDMXN20080829.gif

一応トレンドラインのサポートと一目均衡表の雲上限で跳ね返っているので、まだトレンドが転換するところまではいってなさそうですが。

理由は、中央銀行の総裁がメキシコのインフレ克服を宣言したからのようです。インフレターゲット3%に対し、5.3%のインフレ率でまだ高い水準にはありますが、今後のインフレが落ち着くという発表から、今後のハト派的な金融政策に転換するという雰囲気がペソ売りにつながったようです。

ただ、利上げの打ち止め観測は先日の金利政策発表の際にもわかっていたので、これ以上大きな反応はないかと思っています。

USDMXNは1995年には5.8までペソ高だったのが2007年の11台とかなりペソ安が進んでおり、現在10.2程度ですので、歴史的にはかなりドル高水準と考えて、ドル高が進めばもう少しペソを買っていこうかなーと思っています。


ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ

『中東在住、新米エコノミストのFX』トップページへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
これまた仕込みどこが難しいですね・・・
10.5000ぐらいにもどりませんかねー
2008/08/29(金) 22:14 | URL | がく #-[編集]
リンすけさん、こんばんは^^

そのような理由があったのですね><
クロス円が下げそうなので、ペソ円売っちゃおうと思っていたのですが…
遅かった~~~このまましばらく保持します…

応援ぽちっ♪
2008/08/29(金) 23:13 | URL | 魚屋 #-[編集]
がくさん>
そうですねー。10.500もなくもなさそうですが、10.500まで行ってしまえば、逆にレンジに入るかペソ安トレンドに入りそうなので、行ってほしいようないってほしくないような・・・w

魚屋さん>
ドルがちょっと落ちているのでそのせいでクロス円が安くなってしまっていますね。先週までのドル高基調が少し変わった感じがするので、クロス円は少し要注意かなーなんて思っていますが・・。
2008/08/29(金) 23:38 | URL | リンすけ@中東 #-[編集]
メキシコは利回りでNZを抜き、弱気相場も後追いですね。

どちらが魅力的か?もしNZが上げたらペソの買いのタイミングだったりして!なんて言ってるから勝てません!

ポチしてきます!
2008/08/30(土) 16:06 | URL | masaru #-[編集]
masaruさん>
こんにちは。
そうですね。さりげなくメキシコのほうが金利が高いですもんねw
人口とか将来の発展性で考えるとメキシコのほうが長期ではよさそうですけど、どうでしょうか。
2008/08/30(土) 19:34 | URL | リンすけ@中東 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。