中東在住、新米エコノミストのスワップ派FX
中東在住、某国際機関の新米エコノミストが、スワップ目的で、労力の少ないFX運用を目指します。トレードの状況や、経済統計や指標の解釈、そして通貨の相関分析などに関して書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪・政策金利を0.25%利下げで7.00%へ―声明文の内容は?
2008年09月02日 (火) 17:36 | 編集
こんにちは。
相変わらず今日も下げまくってますね。
オセアニアなんかは2日連続で1.5%以上の下げです。かなりきついですが、まだまだ投げがありそうなので、安易な買い増しには気をつけたいところです。

さて、本日、オーストラリアでは金利政策会合がありました。
結果は事前予想通り、政策金利を0.25%引き下げて7.00%になりました。

ちなみに今年1月1日時点では6.75%の金利だったので、年初より実はまだ高い水準です。

声明の内容ですが、かいつまんで紹介すると:

1. 過去数カ月の高い金利政策により、内需が縮小、クレジットの縮小が現実になった
2. 固定資産投資はまだ強く、高い原油価格によるインフレリスクがまだある
3. 1.と2.の相反する状況から内需とインフレの今後の見通しに関して以前不透明(Uncertain)である。インフレは短期的には高止まりするであろうが、家計の需要がび悩む中、賃金水準が上昇しないという前提で、インフレ圧力は低下してくるだろう。2010年までにインフレは3%以下に下がってくると予測している。

一言で言うと、インフレと景気後退の天秤において、現時点では、インフレの見通しの方が良くなったため、景気後退の対策に比重をシフトし始めた・・・ということです。

しかし、今後の金利政策に関して、特に積極的な利下げに関しては言及していませんでした。


本日の豪ドルですが、問答無用で下げています。
円急騰から、明らかにキャリーの巻き戻しっぽい動きですが、スイスに資金が戻らないことを見ると、3月の急落から、スイスキャリーの割合が減っていたんでしょうね。

オージーとトルコはとうとう、トルコ91円、豪ドル90.30と逆転してしましましたね。

以下はAUD/USDの週足チャートですが、抵抗をすべて突き破って下げているので、0.80まではありそうですね。
AUDUSD_w_20080902.gif

去年の7月が14%の下げ、今回は、高値からすでに16%下げています。今後、セリングクライマックスが出るだろう0.80の下、0.78ぐらいで指しておこうかなーと思っています。もしAUD/USDが0.78まで下げるなら、ドル円が108円としても豪ドル円は84円。・・・ちょっと行きすぎ感はありますが、無きにしも非ずといった感じでしょうか。0.80で止まるなら、ドル円108円の水準では豪ドル円は86.4円。まぁこんなところが昨年7月安値と重なるので妥当でしょうかね。



ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ

『中東在住、新米エコノミストのFX』トップページへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
本当に問答無用ですね(´・ω・`)
こまりものです。
原油が下がってるのにドルがガンガンあがって
ユーロが下がるというかなしい状況です・・・。
2008/09/02(火) 20:26 | URL | がく #-[編集]
リンすけさん、こんばんは^^

豪ドルの下げは酷いですね><
84円とか86円は現実的に有りそうですね…
それを突き抜けると…

安易にはポジれませんね。
底を確認してから飛び乗りたいですねぇ^^

応援ぽちっ♪
2008/09/02(火) 22:35 | URL | 魚屋 #-[編集]
がくさん>
ほんとこまりものですね。でもトルコがドルとかなり連動して下げないのが強みですね。

魚屋さん>
豪ドルは正直、落ちすぎぐらい落ちているように見えるんですが、ドルが下げていないので、もしドルが落ちれば総崩れになるかもしれませんね。今のところ、トルコやランドはドルと一緒に踏ん張っている感じなのでこのまま耐えてほしいところです。
2008/09/02(火) 22:57 | URL | リンすけ@中東 #-[編集]
今の円高は円キャリーのまきなおしというより単なる為替サイクル。

フランも売られているのはeur/usdがドル高サイクルに入った為だと思う。(サイクル8年・つまり今年ドル高サイクルに入る年)

円はドル連動通過。フランはユーロ連動通貨。

オセアニア通貨もユーロ連動通貨だからドル円と新興国通貨/円以外は問答無用でクロス円は今後ずっとげらくすると思いますよ。

書いてある意味わかる人いるかな??

相関係数と為替サイクルと20年分の為替チャートが読める人なら分かるよね。
2008/09/03(水) 04:39 | URL | H #-[編集]
Hさん>
こんにちは。コメントありがとうございます。
なるほど、長期的にトレンドが変わったということですね。そうするとEUR/USDも2005年の1.2やそれ以下(2001年の0,9)の水準になるのもありということですね。
そう考えるとフランでヘッジするのは意味がないですねwただ、今の段階で本当にドル買いがこの先まだまだ進むのかは不明なので、もうちょっと見ていきたいと思っていますが。
貴重なご意見ありがとうございます!
2008/09/03(水) 16:06 | URL | リンすけ@中東 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。