中東在住、新米エコノミストのスワップ派FX
中東在住、某国際機関の新米エコノミストが、スワップ目的で、労力の少ないFX運用を目指します。トレードの状況や、経済統計や指標の解釈、そして通貨の相関分析などに関して書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NZ0.50%利下げを受けて、今後を考える
2008年09月14日 (日) 23:47 | 編集
こんばんは。
先日記事にしそこねたので、ちょっと遅ればせながらNZの記事をアップしたいと思います。
NZは9月11日の会合で8.00%から7.50%へ、0.50%利下げを決めました。
8月28日の記事で0.25%か、0.50%かが焦点になってくるだろうと書きましたが、0.50%はサプライズだったようで一時急落してしまいました。ただ、他の通貨の上げと一緒に、週末には戻してきています。

NZの今回の決定は、何か特別悪いニュースがあったわけでなく、市場に、NZ経済が経済緩和モードに入っていることを知らせる意図があったということです。家計セクターの弱さが顕著なため(住宅市場も含め)、定義上は「景気後退(リセッション)」入りしているとのことです。

ただ、住宅価格の調整は名目価格で15%と予測されており、下落の「半分」は終わっているとNZ中銀総裁が言っているので、まだ景気後退のトレンドは続いているということです。

ただ、利下げを今後遅らせる理由があるとすれば、「為替レート」なようです。為替レートが弱くなれば、輸入コストが上がる輸入インフレに直面するため、うまく舵取りをしながら利下げを続けていくという雰囲気でしょうか。


これらのことを踏まえてNZのチャートを見ると、やはり、日足単位の動きではなく(つまり調整的な動き)、2007年夏を天井にした月足でのトレンドラインの転換を伴う動きとなってきています。これの根底の理由は経済成長の鈍化と利下げということになります。ですので、景気回復基調に入るサインが見えるまでは上下はするものの、積極的な為替レートの回復にはならないのでは・・・と思っています。

NZ円は70円に2006年安値の抵抗があるので、かなり硬いのではと思うのですが、個別通貨としては強いほうではないので、他の通貨に追随すれば70円を割り込むことも十分ありえることかと思っています。・・・とはいいつつ私もまだNZD/USDを保有しています。理由は、かなりの景気後退や利下げをもう織り込んだのではないかという半分期待が混じった観測です。NZ政府のGDP予測では2009年3月期(第1四半期)が最悪になっており、そういう意味ではかなり織り込んできているのではと思っています。今後は、情勢を見ながらNZ円を買い増していきたいとは思っていますが、70円を割れてしまうと、下落に勢いがつきそうですので、注意しなければと思っています。70円を割ってセリングクライマックスが入って60円台を・・・というシナリオで買い増しかなーと思います。勝手な予想ですので、軽く聞き流す程度でお願いします。w


ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ

『中東在住、新米エコノミストのFX』トップページへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。