FC2ブログ
中東在住、新米エコノミストのスワップ派FX
中東在住、某国際機関の新米エコノミストが、スワップ目的で、労力の少ないFX運用を目指します。トレードの状況や、経済統計や指標の解釈、そして通貨の相関分析などに関して書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AIG救済も金融不安は続く!?為替への影響は?
2008年09月17日 (水) 19:08 | 編集


こんばんは。
昨晩はFRBのAIG救済措置が取られたことが発表され、市場は若干落着きを取り戻したようです。ゴールドマンサックスは70%の減益が発表され、FOMCの金利政策会合では金利据え置きが決定されました。

AIG救済に関しては、判断が分かれるところでしょうが、FRBの判断としては、リーマンよりも規模が大きいため、AIGの破たんは金融恐慌を引き起こすとのリスクから、AIGの公的救済に踏み切ったようです。9兆円規模、79.9%の株式取得とは、小さな政府、自由市場経済アメリカの経済の根本にも影響を与える大規模介入といえそうです。

リーマンの破綻を見過ごし、AIGを救済したダブル・スタンダードは、”Too big to fail”策をとり山一證券や日本長銀などの対策が遅れ、その結果、失われた10年と呼ばれるバブル不況を生み出した日本の状況と似ているのかもしれません。ファニーメイ・フレディマックの住宅公社救済もそうでしたね。この救済策により流動性の懸念は和らぎましたが、これらの金融危機の実体経済への影響は避けられないでしょう。今後次々にリーマン破綻の余波は決算に出てくるため、負の連鎖はしばらく続きそうです。

ちなみに、為替への影響はどうなるのでしょうか?最近の動きから見えることはまず、今後の世界的な利下げへの動きでしょうか。FRBは据え置きを決定しましたが、これは切り札を取っておいた的な感じがしますね。「今日のところはAIGの破綻を救った」という材料でしばらくは落ち着きを取り戻すために、今切るカードではないという判断された気がします。インフレ懸念が原油価格の落ち着きと、内需の縮小により今後落ち着いてくる傾向が見えるので、おそらく世界的な利下げへの動きはすぐに動き出すでしょう。そうすると、キャリートレードの魅力の減少から、どの通貨も2,3か月前の為替水準への反発には時間がかかりそうです。金利差を考える上でも、今後ますます実体経済の強い国への選好が明確になりそうで、経済関連指標にはより注意を払う必要になりそうです。

世界的にドルへの資金回帰によりドルがここ2か月で強くなりましたが、AIGの救済策など、米国財政への不安は増大していると思います。消去法でドル、買い支えないといけないからドルということですが、米国が抱える爆弾を軽視すると痛い目を見るかもしれませんね。




ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ

『中東在住、新米エコノミストのFX』トップページへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
リンすけさん、こんばんは^^

このような不安な時こそUSDHKDがオススメですね^^
1ヶ月物のフォワードレートも2HKDを超えているのでスワップも大分増えているようですよ~

応援ぽちっ♪
2008/09/17(水) 23:30 | URL | 魚屋 #-[編集]
魚屋さん>
こんばんはー!
ホントそうですね。少しだけポジションを取ってみましたが、一日0.10%とか動いてるのをはじめてみました。
2008/09/19(金) 00:00 | URL | リンすけ@中東 #-[編集]
復活しましたw
ちょっと私生活と仕事でバタバタ
してて、ブログ更新できませんで
退場の臭いがプンプンしてますが
なんとかいきてますんでw
週明けはしりませんがw
2008/09/19(金) 18:38 | URL | がく #-[編集]
がくさん>
一度ポジションを切られると緊張感が切れますよね。僕も今回かなりポジション整理をさせられましたが、別に損が大きく出たわけではないので再チャレンジですw
2008/09/20(土) 21:49 | URL | リンすけ@中東 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。