中東在住、新米エコノミストのスワップ派FX
中東在住、某国際機関の新米エコノミストが、スワップ目的で、労力の少ないFX運用を目指します。トレードの状況や、経済統計や指標の解釈、そして通貨の相関分析などに関して書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪・1.00%の大幅利下げ決定
2008年10月07日 (火) 12:49 | 編集
こんにちは。
先ほど発表になりました、豪の政策金利ですが、1.00%引き下げて6.00%となりました。予想が0.5%引き下げの6.50%が中心だったと思いますので、それよりも大きな下げになります。これを受けて豪ドルは急落していますが、昨日の10%を超える大幅な下げにより織り込んでいたのでしょうか?昨日の安値を更新するところまではいっておりません。・・・というか発表前の水準までもどしていますねw

豪中銀によりますと、「異例の」1.00%の利下げは、世界的な景気後退と信用収縮による金融危機の現状では適切な利下げであるとしています。が、同時に、これはあくまで異例での判断であるため、今後このような措置が取られる前例とするものではないとしています。

9月分のインフレがおそらく5%程度であると予測しているのにも関わらず、これほどの大幅な利下げを取るということは、今後景気低迷からインフレの減速が明らかになるということを見越しているためです。予想よりも早いインフレ原則が期待できると声明文には盛り込まれています。原油価格が100ドル以下で推移し、比較的インフレリスクの遠のいた今、各国の優先課題は金融の安定化、そして景気後退に歯止めをかけることとなりそうです。このように大幅利下げが今後も世界各地で予想されると思います。

豪はまだ十分利下げの可能性がありそうです。

ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ

『中東在住、新米エコノミストのFX』トップページへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あぁ もう世界経済がすごいことに
なってますねぇ (´・ω・`)
1日で7円以上もさがる通貨が
あったりとかもうFXやりだして
はじめての事件で対応ができず
ちょっとあたふたしたますです~
2008/10/07(火) 17:43 | URL | がく #-[編集]
豪ドル債券は私のブログ「BRICs投資信託情報局」でFXのスワップと違い利回りが固定になるけど利回りが下がって喜べるのは自国の債券だけで為替レートが変化するのにFXのように自由に解約する自由が無いリスクには見合わないと書いたのですがそのとおりになりましたね。

数年前の円安で豪ドル投資に目覚めて変な時期に本格投資しちゃう人が多そうですね。

FXはそういう意味でリスクは少ないんですが理解されてないですね。

ポチします。
2008/10/08(水) 13:30 | URL | masaru #-[編集]
がくさん>
今週は、すごい相場になってしまっていますね。豪ドルが1日で10円も動くとか、初めてみました。これが金融危機と呼ばれる所以でしょうね。利下げが打ち出されましたが、本格的な反騰には時間がかかりそうです。。。

masaruさん>
豪ドル債も保有されていらっしゃるんですね。ここ数年のトレンドだと豪ドルは買い!というイメージだったので、この展開は想定外の人が多そうです(僕も含めてですが)。逆にうまくこの機をチャンスにしたいものです。
2008/10/09(木) 16:32 | URL | リンすけ@中東 #-[編集]
いえ私は債券反対派なんです。

FXの方が有利という考えです。

ポチしていきますね。
2008/10/10(金) 14:18 | URL | masaru #-[編集]
masaruさん>
あ、そうなんですね。すみません。早とちりでした。(汗)
FXは本当に可能性のすごく広がるツールですよね。今回みたいな場合はリスク管理の難しさを特に感じますが・・・。
ポチいつもありがとうございます♪
2008/10/11(土) 00:57 | URL | リンすけ@中東 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。