中東在住、新米エコノミストのスワップ派FX
中東在住、某国際機関の新米エコノミストが、スワップ目的で、労力の少ないFX運用を目指します。トレードの状況や、経済統計や指標の解釈、そして通貨の相関分析などに関して書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マクロ経済的にはドル急落への外堀が埋まりつつある・・・
2008年10月12日 (日) 17:49 | 編集
こんばんは。
市場の注目度の高かったG7も終わり、望むとも望まぬとも明日はまた市場が開きます。個人的には、先週かなり大きく下げたので、超短期的にはある程度の買いが入ってきて反発まではなくとも下げ渋りになるのでは!?と思っているのですが、他の方々のブログを見ていると、失望売りを予測する声が多いですね。今週は銀行の決算発表があるはずなので、そちらの注目が高く、週明けはぼちぼち、週半ばから、決算に反応して動く・・・という形かなーと思います。でも、月曜日は東京もNYも休日なので、薄商いを狙われて為替は大きな動きになるかもしれませんね。

さて、今回の帰国した際に、空港で週刊ダイヤモンドと東洋経済を買って帰り、飛行機の中で読んでいたのですが、両方ともかなり大きな世界経済に関する特集が組まれておりました。

為替に関して個人的に役に立ったと思う記事を一つピックアップすると、週刊 ダイヤモンド 2008年 10/11号 の方に、ドル急落の可能性・・・という記事がありました。これはマクロ的な視点からドルの動きを見た小さな記事でしたが、今回の暴落に際して、国際的なマネーがどう動いたかを考える上で、うまくまとまっていたのではと思います。

8月以降、軒並み3月安値を克服しそれまでの高値をうかがう位置にいた欧州、オセアニア、そして新興国通貨ですが、商品市場の下落と株安につれ、暴落しました。対照的にそれらの通貨に対して買われたのがドル。恐慌の発端である米国で売られるべき通貨と考えていたドルが買われたのは、商品・株などでの損失を手当てするために海外から資金を引き揚げ、ドルが買われたということでした。今なおその傾向は続いており、FXで金利を見てもドル金利が非常に高くなっていることから、ドルのプレミアムが上がっていることがわかります。

しかし、ドル資金への回帰はいつか終わるもの。米国の投資家たちがドルへの引き上げが終了すると、ドルへの引き揚げに隠れて見えなかった「ドルからの引き揚げ」が顕著になり、ドルが急落する可能性があるということです。

実際、マクロ経済的にもドル急落の外堀が埋まってきており、公的資金を注入するとしたところで、70兆円規模もの公的資金は米国財政を圧迫。過去最高を更新し続けている財政赤字はさらに悪化。赤字国債の発行により、長期金利の上昇。金利上昇により景気のさらなる悪化・・・というのがサイクルとして見え始めています。失業率は急増中、住宅バブルは崩壊途中、そして財政赤字の悪化は国の信用力を落とし、中東のペッグ制解除などの報道をきっかけにドル急落・・・なんてこともあり得ない話ではなさそうです。

ドルで給料をもらっている身としてはたまったもんじゃありませんが、こういう経済環境であることを踏まえ、今は積極的なリターンを狙うより、リスクヘッジをうまくしていきたいと思っています。ちなみに、国際的な資金の流れを考えると、ドルへの高いプレミアムが落ちた時、つまり、ドルのスワップが通常程度に落ち着いた時は、ドルから資金が逃げ始めるサインかもしれません。

相場に関しては、プロでない以上、トータルで勝てばいいわけで、今無理に勝つ必要はありません。あせらずに行きたいですね。



ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ

『中東在住、新米エコノミストのFX』トップページへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/10/12(日) 19:53 | | #[編集]
リンすけさん、こんばんは^^

ドル急落ですか…恐ろしい記事ですねぇ~
でも、あらゆる可能性を考慮しておく必要がありますよね。
やはりこのような状況の時は無理をしない方が良いですね^^

応援ぽちっ♪
2008/10/12(日) 23:01 | URL | 魚屋 #-[編集]
現状の構造が崩れない限り、しばらくは他通貨より有利という気がします。

何にしても基軸通貨の変わり先候補のユーロがこのざまでは駄目でも他が無い。10年後目指すなら別ですが。

上がったら売りでいいでしょうけど強いわけではないんで...。

ポチしまーす。
2008/10/13(月) 14:33 | URL | masaru #-[編集]
魚屋さん>
こんにちは!ドルのファンダメンタルはかなり際どい状況なので可能性として、ありうることかなーと思いました。そのような可能性を頭の片隅にでも置いておく価値はありそうですね。

masaruさん>
そうですね。実際問題ドルが崩れればじゃぁ資金はどこへ行く?という話になってしまい、行き場所がなくなりますよね。案外円だったりw
弱いけどそれにしか頼るものがないのもつらいですね。
2008/10/13(月) 14:41 | URL | リンすけ@中東 #-[編集]
こんちわー♪
そこまで急落されると
他通貨にもかなり影響がでる
はずなんでそれだとかなり
厳しいですねぇ。実態経済も
グデングデンになりそうですね
2008/10/13(月) 15:32 | URL | がく #-[編集]
がくさん>
そうですね。もしドル急落のケースがあれば、間違いなく恐慌の場面ですので、当面はやばい世界経済情勢になってしまうことになります。
んー、それは相当困りますw
2008/10/13(月) 19:51 | URL | リンすけ@中東 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。