中東在住、新米エコノミストのスワップ派FX
中東在住、某国際機関の新米エコノミストが、スワップ目的で、労力の少ないFX運用を目指します。トレードの状況や、経済統計や指標の解釈、そして通貨の相関分析などに関して書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インフレは何が問題なのか?Part 2-供給インフレへの対応
2008年06月15日 (日) 20:37 | 編集
先日、インフレがなぜ問題かということで、供給インフレが問題であると書きました。
こちらの記事を参照

今日はインフレの対応策について書きたいと思います。

インフレの対応として、よく一般的に知られているのは公定歩合の操作、つまり金利上昇ですね。

物価上昇

公定歩合を操作し、金利が上昇

金利が上がれば、今使うよりも貯金すれば有利と考える
また、お金を借りて投資する人が減る(住宅ローンは利子10%とかで借りたくないですよね)

市場における貨幣流通量の減少/ 過度の需要の抑制(今の中国ですね)

供給過剰になり、物価下落

適正水準での物価上昇率へ誘導(インフレターゲット)


これは一般的なインフレへの対応策の一つですが、基本的には、需要を抑制するので、需要インフレに有効な仕組みです。


では供給インフレにはどうやって対応するのか?

今回のような、供給インフレの場合、原価の高騰による物価上昇なので、企業が元をとるためには、価格は下げることができません。よって、もちろん品物によりけりですが、価格はなかなか下がりません。(企業は原価割れで販売したくないですよね)

よって、物価は上昇しているが、重要が減り経済が減速していくという状況に陥ります。
これをスタグフレーションとよびます。


1970年代の石油危機が供給インフレの好例としてあげられますが、アメリカは1970年代に供給インフレから発生したスタグフレーションを経験しました。

これに対して、アメリカはどうしたか?
アメリカは失業率が10%になるまで大幅に金融引き締め政策(利上げ)をとりました。そして、人為的に不況(1980-83年)を作りだし、物価上昇を抑え込んだのです。

要するに、供給の価格が下落に転じさせなければならないのですが、それが需要減によって間接的に物価上昇を抑えるか、価格規制で押さえ込むか、ぐらいしか特段手当てはありません。市場原理ではそうそう市場介入はできませんから、後者は選択肢から外れてしまいますね。

さて、今回のインフレも、早めに手を打たないと、こういうことになってしまう可能性は十分にあります。1970年代ももともとは原油高が原因だったので、同じパターンでの供給インフレとして、ぜひ早めの対策をしてほしいものですが・・・。


ちなみに物価上昇率と失業率は、マクロ経済理論において、普通はトレードオフの関係にあります。それをフィリップス曲線と呼ぶのですが、また次回書いてみたいと思います。


参加しました。よろしくお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ
外為ランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。