FC2ブログ
中東在住、新米エコノミストのスワップ派FX
中東在住、某国際機関の新米エコノミストが、スワップ目的で、労力の少ないFX運用を目指します。トレードの状況や、経済統計や指標の解釈、そして通貨の相関分析などに関して書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪州の雇用は堅調。でもクロス円は重そう。
2008年07月10日 (木) 22:16 | 編集
今日は豪州の雇用統計が発表されました。

失業率は予想よりも低い、4.2%
就業者数も先月の25000人減少から一転、29800人の増加となり、豪州経済の堅調な側面が出ましたね。

以前にも何度も書いている通り、豪州の指標は今後も良い数値、悪い数値が出て経済の方向性がわかりにくい状態がしばらく続きそうです。

先日、豪州は利下げはなさそうだと書きましたが、ブルームバーグの報道によると、1年以内に0.25%の利上げがある確率が25%という予想が出てき始めたようです。いちいち指標が出るたびにあれこれ計算ご苦労様です・・・といった感じですねw

これを受けて豪ドルは103円をつけました。
悪ければ100円台で買い増しができるかな?と思っていたのでちょっと残念でした。


しかし、クロス円は少し頭が重そうな気配になってきました。
ランド円も今日また14円をトライしましたが、今のところ跳ね返されていますね。

このあたりがそろそろ限界かなぁ?という気がしないでもないので、CHF/SGDを1.3200で5000追加しました。1.2900で待っていましたが、たぶんこなさそうなので、とりあえ1.3100、1.3000のそれぞれで5000ずつ買い増し予定でこの逆相関のペアを増やしていこうと思います。
CHFSGD20080710.gif


ご訪問どうもありがとうございました。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ
外為ランキング


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。